ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

先日、従業員の45%を解雇した『Immortals of Aveum』の開発会社、アセンダント・スタジオの創設者が最近のインタビューで、同社には『さらなるプロジェクト』があることを明らかに



先日、従業員の45%を解雇した『Immortals of Aveum』の開発会社、アセンダント・スタジオの創設者が最近のインタビューで、同社には『さらなるプロジェクト』があることを明らかにとしていて、まだ最後の弾が残っているという話でしょうね。


先日、従業員の45%を解雇した『Immortals of Aveum』の開発会社、アセンダント・スタジオの創設者が最近のインタビューで、同社には『さらなるプロジェクト』があることを明らかにした。これにはImmortalsの世界観のさらなる探求と、その先にあるものが含まれる。

同スタジオの創設者であるブレット・ロビンス氏(『Immortals of Aveum』のディレクターでもあった)は、最近のゲームの失敗について触れ、同スタジオのデビュー作が急速に没落した原因について語った。

GamesIndustry との最近のインタビューで、Bret Robbins 氏は『Immortals of Aveum』について口を開き、ゲームがどのように失敗したかを率直に語った。イギリスのスーパーマーケット・チェーンで『Immortals of Aveum』のコピーがわずか1ポンドで売られていたのはつい数日前のことで、2023年8月にゲームが発売されて以来、その存在感はほとんど薄れてしまった。

成功よりも失敗や過ちから学ぶことの方が多い。人々は、大ヒットの話だけでなく、うまくいかなかったときの話も含めて、いろいろな話を聞くべきだ。それが良くないという意味ではないし、そのストーリーが語られるべきでないという意味でもない。

ロビンス氏は、アセンダントが2023年後半に『スター・ウォーズ:ジェダイ・サバイバー』、『アーマード・コア6』、『スターフィールド』、『アラン・ウェイク2』、『バルダーズ・ゲート3』、『スパイダーマン2』など、多くの作品をリリースする予定であることを十分承知していると説明した。

ロビンス氏は、『私たちはノイズの中で完全に迷子になった』と言った。彼は、ゲームを 『洗練 』するために入れた遅延が、結果的にタイミングの状況を悪化させ、一時はスタジオが発売を2024年2月に延期することを検討していたと説明した。

エレクトロニック・アーツの全面的なバックアップがあったとはいえ、『アセンダント』にとっては圧倒的な競争相手だった。

大作ゲームがひしめく激戦区で、しかもわれわれは新しいスタジオなので、みんなわれわれのことを知らなかった。私たちのマーケティングが適切な人をターゲットにしていたのかどうか、疑問が残ります。必要な認知度を上げることができなかったのです。

初期の予告編はかなり好意的な反響を呼び、アセンダントは純粋に革新的といえるタイトルを押し出したにもかかわらず、『Immortals of Aveum』は最終的に劇的に短期間で頓挫した。

ロビンス氏は、アセンダント・スタジオのチームがどのようなプロジェクトに取り組んでいるかは明かさなかったが、GamesIndustry誌に対し、他にも制作パイプラインにあるゲームがあることを明言した。


関連リンク



従業員の45%をクビにする羽目になった曰く付きの本作をどのように受け止めているのか話していますね。次のプロジェクトもあるとして、まだ終わっていないという意味合いもありそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク