ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

SIEの子会社の1つの『イムソニアックゲームズ』が今回の大リストラが自社にも向けられた事に反発、異例の発言へ



SIEの子会社の1つの『イムソニアックゲームズ』が今回の大リストラが自社にも向けられた事に反発、異例の発言へとしていて、ちゃんと今までやってきたのに、何故首を切られる羽目になったのかと言いたい気持ちは十分わかりますね。


ソニーグループ傘下のゲーム事業会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が27日発表したPlayStation事業での従業員900人の削減については、影響を受けたゲーム開発企業でそれを良しとするところはないだろう。だが、従業員個人がSNSで悲しみやフラストレーションを表明することはあっても、企業自体が公式声明を出すケースはほとんどなかった。

しかし、人員削減の対象となった企業の1つであるInsomniac Games(インソムニアック・ゲームズ)がこのたび、X(旧ツイッター)の公式アカウントで、この件に関する公式声明を出した。同じく影響を受けた主要スタジオにはNaughty Dog(ノーティードッグ)やGuerrilla Games(ゲリラ・ゲームズ)があるが、両社の公式アカウントはそれぞれ2月26日と27日を最後に投稿を行っておらず、人員削減についてはコメントしていない。

インソムニアックは公式声明で、今回の人員削減がいかにひどいものかを、異例の辛辣な言葉を交えながら次のように表現している。

「SIEとPlayStation Studiosの他のいくつかのチームと同様、Insomniac Gamesも昨日の人員削減の影響を受けました。それについての私たちの気持ちを十分に表現する言葉はありません。これは当スタジオにとって、重大かつ前代未聞の出来事です」


「私たちは、影響を受けたすべての人がこの困難な時期を乗り越えられるよう支援することに全力を注いでいます。人材を募集している企業の皆さんには、Insomniacの歴史に重要な貢献をし、今新しい仕事を求めている優秀な人々がいることをお知らせしたいと思います。私たちはこうした人々に非常に感謝しており、その退社が惜しまれます」

他のスタジオはこうした声明を出していないことを考えると、Insomniacによるこのコメントはかなり重要だ。「重大かつ前代未聞」という表現は、ソニーに対する厳しいメッセージのようにも思える。それも当然のことだ。またこの声明は、インソムニアック経営陣の承認なしには出せないような内容だ。数カ月前に同じくソニー傘下のBungie(バンジー)が強いられた人員削減では、企業からの公式声明のほかに、バンジー経営陣に対する大きな怒りがあったが、それと同じことはインソムニアックには起こっていないようだ。

インソムニアックは、PS4向け独占タイトルとしては最大のヒット作となった『Marvel's Spider-Man』を開発。最近リリースした『Marvel's Spider-Man 2』については、発売日だけで250万本を売り上げ、初動の売れ行きが自社史上最速となったことを、ソニー自身も誇らしげに発表していた。2週間前には、販売本数が1000万本を超えたと発表されたばかりだ。そんな中で人員削減の対象となったことに、インソムニアックは非常にいらだっているに違いない。

もちろんここで生じる疑問は、ソニー傘下の最も成功したスタジオであり、大ヒット作を出したばかりのインソムニアックでさえもが人員削減の対象になるのであれば、ソニー傘下の企業はどこも安心できないのではないかというものだ。

ソニー側の言い分としては、『Spider-Man 2』がいくら大きな売り上げを生み出したとしても、開発予算がそれに見合わないほど肥大化してしまったという主張も考えられる。ハッキングにより流出した内部文書からは、同作の開発費は3億ドル(約450億円)で、当初の予算の3倍だったことが明らかになっている。それでも、ゲーム自体のサイズや長さ、そしてもちろん価格は3倍にはなっていない。つまり、膨れ上がったコストはおそらく持続不可能だということだ。ただ、予算を取り戻すのに必要な販売本数は720万本だったのに対し、実際の販売本数は数カ月で1000万本に達している。そうであれば、インソムニアックが人員削減を強いられた本当の理由は何だったのだろうか?

今回の公式発言に感じられるインソムニアックの怒りには、真っ当な理由がある。ゲーム業界が苦境に陥っているのは明らかだが、ヒット作を連発し、目に見えて成功している企業が人員削減の対象になるのは、さらに悪い状況だ。ゲーム業界には今、亀裂が走っている。


関連リンク



ソニーがうまくかじ取りをしなかったというのが最大の要因でしょうね。ジムライアン氏が悪い面が大きく、SIEJを解体したり、ライブサービスゲームを12本も始めようとしたりと踏んだり蹴ったりでしたね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク