ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『バイオハザード4』のリメイク版は、発売1ヶ月前にバグに見舞われるという苦難に直面して、その格闘の日々を紹介!



『バイオハザード4』のリメイク版は、発売1ヶ月前にバグに見舞われるという苦難に直面して、その格闘の日々を紹介!としていて、まさに大ピンチという中でどのように悪戦苦闘したのかといえる出来事ですね。


『バイオハザード4』のリメイク版は、発売1ヶ月前にバグに見舞われる苦難に直面した。先日放送されたNHKワールドジャパンのドキュメンタリー番組では、このゲーム開発の舞台裏が紹介され、技術的な難題に満ちた道のりや、品質を落とさずに予定通りの発売を実現するためのギリギリの戦いが明らかになった。

このエピソードでは、リメイク版『バイオハザード4』がQAテストに突入するまでの緊迫した空気が描かれている。安保康弘ディレクターは、画面フリーズやレオンのマップ落下、キャラクターモデルのコリジョンアニメーション不足といったビジュアルの不具合など、数々のバグに遭遇しながらプレイしている。

すでに存在する状況は、技術的な問題の猛攻によってさらに悪化しており、ある開発者は1日のプレイテストでなんと70もの問題を発見したという。発売日が近づくにつれ、プロジェクトの重圧はエスカレートしていった。

QAリードの Hiroki Ito氏は深刻な懸念を示し、修正の質に疑問を呈し、『こんなバグは見たことがない』と述べた。発売のわずか1カ月前にメニューやライティングなどの新要素を取り入れたため、開発チームは課題を山積みにしていた。そのため、より多くのバグが発生し、チームに過度の負担をかけることになった。そのうえ、平林さんから修正を要求されることもあり、また新たな作業が増えていった。

このような紆余曲折を経ながらも、バイオハザード4は予定通りに発売され、皮肉にも今年最も最適化されたリリースのひとつとなった。この予想外の成功は、最後の1ヶ月を耐え抜き、オリジナルの遺産に恥じない製品を提供した全社員のたゆまぬ努力を示すものだ。

バイオハザード4は2023年3月25日にプレイステーション5、XboxシリーズX|S、PC、プレイステーション4向けに発売された。


関連リンク


バグまみれの状態から不眠不休の格闘をしたんでしょうね。無事ロンチにこぎ着けたときにはバグはほぼ最適化されていたというのは奇跡に近い出来事だったのかもしれないですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク