ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

CrunchyrollのCEOであるRahul Purini氏は、Nick Statt氏によるThe Vergeのインタビューの中で、同社が現在、プロセスを最適化し、世界中の字幕翻訳を迅速に行うために、AIの利用を実験していることを明らかに



CrunchyrollのCEOであるRahul Purini氏は、Nick Statt氏によるThe Vergeのインタビューの中で、同社が現在、プロセスを最適化し、世界中の字幕翻訳を迅速に行うために、AIの利用を実験していることを明らかに


CrunchyrollのCEOであるRahul Purini氏は、Nick Statt氏によるThe Vergeのインタビューの中で、同社が現在、プロセスを最適化し、世界中の字幕翻訳を迅速に行うために、AIの利用を実験していることを明らかにした。さらに、AIはユーザーにより良い体験を提供するためにも検討されている。

CEOのコメントは以下の通り。

クリエイターと直接、経済的、創造的な関係を持つことができるため、付加価値を与えることができる興味深い技術が混在しています。ダビングの遅れについて触れましたが、サイマルダビングのような新しい技術もあります。SimulDubのような新しい技術もありますし、同時に放送するためのサイマル放送もあります。そういった技術について考えていますか?

Rahul Purini氏: AIは間違いなく、組織内のさまざまなワークフローで考えていることです。今、私たちがテストに力を入れている分野のひとつは、字幕とクローズドキャプションで、音声からテキストに変換するところや、世界中のさまざまな言語の字幕をより早く完成させ、日本でのリリースにできるだけ近い時期に発売できるよう、プロセスを改善・最適化する方法です。これは間違いなく私たちが注力している分野です。

吹き替えについては、いくつかの理由からまだそれほど力を入れていません。私たちの吹き替えは、直訳ではなく、脚色された吹き替えになることが多いのです。ですから、クリエイティブなプロセスなのです。ですから、それぞれの地域に吹き替えを合わせることに集中しているチームがあります。また、私たちは吹き替えをしなければならないのですが、アニメーション自体を編集することはできないので、リップシンクとのマッチングを正確にしなければなりません。だから、これは間違いなく私たちが遊んでいることなんだ。しかし、パーソナライゼーションやディスカバリーのような他の分野でも遊んでいます。このように、私たちは組織全体のさまざまな分野でAIをテストしているのです。


関連リンク



日本と具体的に発言していて、ローカライズをする上でAI字幕を活用したい意思があるとしていますね。どれだけの精度と現実的な話になるのかというものであって、今後の課題でしょうね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク