ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

UBIから『スカル アンド ボーンズ』がリリースされたことに合わせ、同社の2013年タイトル『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』のSteamにおけるプレイヤー数が増える、その訳とは?



UBIから『スカル アンド ボーンズ』がリリースされたことに合わせ、同社の2013年タイトル『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』のSteamにおけるプレイヤー数が増える、その訳とは?としていて、どうやらライブサービスゲームが要因のよぷですね。


2024年2月13日にユービーアイソフトから『スカル アンド ボーンズ』がリリースされたことに合わせ、同社の2013年タイトル『アサシン クリード4 ブラック フラッグ』のSteamにおけるプレイヤー数が増えています。どちらも海賊をモチーフとした作品です。

こうした傾向は他社のタイトルでも見られ、本年2月2日にWarner Bros. Gamesから『スーサイド・スクワッド キル・ザ・ジャスティス・リーグ』がリリースされた際も、同社による2015年のタイトル『バットマン:アーカム・ナイト』のユーザーが増加しました。

どちらの現象にも「同じゲームスタジオの作品である」、「新たにライブサービス型ゲームをリリースしたところ、そのスタジオが過去にリリースしたシングルプレイヤー向けゲームのユーザーが増加した」という共通点があります。

ゲームに特化した世界最大級のベンチャーファンドであるGriffin Gaming Partners(グリフィン・ゲーミング・パートナーズ)は、全世界537のゲームスタジオを対象に行った調査で95%のスタジオがライブサービスゲームに関心を持っていると発表しましたが、ゲームユーザーの中には「ライブサービスゲームに飽き始めている」層が一定数いる、という見方もできそうです。


関連リンク



海外ではライブサービスゲームが失速し始めているという話は本当ですね。そんな中でSIEやセガがこれから投入すると言われているAAAゲーは果たしてどうなるのか心配ですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク