ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Helldivers 2』には、DLSSなどのアップスケーリング技術が一切使われていない事が明らかに、そして今後も使うつもりはなく、その理由とは?



『Helldivers 2』には、DLSSなどのアップスケーリング技術が一切使われていない事が明らかに、そして今後も使うつもりはなく、その理由とは?としていて、これに賛同出来る人はプレイ済みの人ならわかるかどうかですね。


『Helldivers 2』はおそらく、これまでのところ2024年最大のサプライズヒットとなっているが、誰もが満足しているわけではない。DLSS/FSRアップスケーリングのオプションがないことに対する批判に対するArrowheadのCEO、Johan Pilestedt氏の回答は、最初はそれがまったく実装されないという意味だと解釈された。ピレシュテット氏はすぐにその考えを否定し、『ゲームプレイ>クールな技術』と答えた。

もちろん、こうした悪ふざけはすべてXで行われたもので、そのすべては、あるありふれた否定的な批判から始まった。その人物は、DLSSやFSRのようなアップスケーラーが現在のPCゲームにおける『基本的な機能』だと考えているようだが、Pilestedt氏はそれに対して『クールな技術だが、必要ではない』と反論し、さらに『コーディングにかかる時間をゲームの基本的なゲームプレイの改善に使いたい』と展開した。

当然のことながら、これは『Helldivers 2』にDLSSが搭載されることはないだろうという意味に完全に誤解された。Johan Pilestedt氏からの、その考えを空から撃つような返答の出番だ。

『Helldivers 2』は、『Alan Wake 2』のようなゲームと比べると、特にグラフィックを要求されるゲームではない。PCのハードウェア要件は非常に控えめで、かなり古いシステムや、我々のレビューでテストに使用したミッドレンジのゲーミングノートPCでもまったく問題なく動作する。要するに、このゲームには特にアップスケーリングは必要ないのだ。

『Helldivers 2』の開発元であるArrowhead社のCEO兼クリエイティブ・ディレクターであるPilestedt氏は、その理由を次のように説明する。『エンジンがすべてをシミュレートする "ため、ゲームのほとんどがCPU制限されていることも一因です。しかし、それ以上に重要なのは、プログラマーが集中すべきタスクに優先順位をつけることであり、この特別なケースでは、開発者は技術を増やすよりもコンテンツを増やす方がよいと考えたのです。』

『私はアップスケーリングとフレーム生成が好きだ。 私にとっては、ビジュアルクオリティをあまり落とさずにゲームのパフォーマンスを上げるための、信じられないほど便利なツールだ。しかし、それらを有効にしなくてもゲームが完璧に動作するのであれば、私は決して使用しない。私はゲームに秒間数百フレームを求める人間ではない。そうする人には何の問題もないが、私にとっては重要ではないのだ。』

というわけで、Pilestedt氏のコメントはまさにその通りだと思う。 グラフィックよりもゲームプレイとクールなコンテンツを優先したい。16ビット時代を懐かしむ哀れな老いぼれのレッテルを貼られる前に言っておくが、私はモダンなグラフィックが大好きだ。アンリアル・エンジン5やレイトレーシングをいじくりまわして、自由時間のかなりの部分を費やしている。

『Helldivers 2』のグラフィックはそのままでもまったく問題ないし、ゲーム全体の雰囲気に見事にマッチしている。レイトレーシングや何十億ものコンピュートシェーダーで埋もれているわけではないので、それなりのグラフィックカードがあればアップスケーリングは必要ない。人によっては、このオプションがあれば本当に便利だと思うが、開発者は適切に時間を配分しなければならない。

『Helldivers 2』の場合、得られるゲームプレイは、どんなクールなアップスケーリング技術よりもずっと優れている。


関連リンク



DLSSなどのアップスケーリングを今の時代に使わないというのはナンセンスという人もいるでしょうが、コンテンツの充実に時間を費やしたいという意思が強く、それを支持する人がどれだけ多いかですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク