ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Helldivers 2』がサーバー問題からほぼ解放、開発者は予定していたコンテンツに取り組み始めた模様



『Helldivers 2』がサーバー問題からほぼ解放、開発者は予定していたコンテンツに取り組み始めた模様としていて、80万まで許容範囲を挙げて、それ以降チームが頑張ったとして、問題が解消しつつあるようですね。


お気づきかもしれないが、『Helldivers 2』は本当に瞬く間に人気を博し、1週間と少し前からその成功の重圧に苦しんでいる。サーバーの問題を嘆くレビューにより、Steamでは『Mixed』の領域に落ち込み、サーバーの不法占拠者を抑制するために15分間の過酷なAFKタイマーを導入しなければならなかった。

しかし、サーバーの上限を70万に引き上げた後(そして寝不足のツイートを1、2回取り消した後)、Helldivers 2は穏やかな乱気流を起こしただけで、ほとんど砦を守った。また、Arrowhead GamesのCEOであるJohan Pilestedt氏もTwitterで大きな問題がなかったことを認めている。

投稿にはこうある。『arrowheadgsチームの素晴らしい功績を本当に嬉しく、誇りに思います。今、私たちはタイトルの改善に集中し、当初の計画を再開する時間があります。これからたくさんのエキサイティングなことが待っています!』

『この週末、サーバーは問題なくすべてのヘルダイバー2プレイヤーを処理しました。これからたくさんのエキサイティングなことが待っています!』

それはいいことだ。前作に登場したのはもちろん、『Report for Duty』のトレーラーでもメック・スーツの登場が予告されていた。初見では見逃しそうな微妙なヒントだが、鋭い目をした視聴者なら、巨大で踏みつけるようなメック・スーツが、パイロットが操縦席で狂気に満ちた笑いを浮かべながら、非常に大きな音を立ててガトリングガンを発射しているのに気づいただろう。

週末にJohan Pilestedt氏がツイートへの返信でさりげなくほのめかしたように、この改良には、Helldivers 2の驚くほど奥深いステルスシステムを強化するための消音弾やアタッチメントも含まれるかもしれない。『私はプレイテスト中、サブソニック弾とサプレッサーをよく使っていました。サブソニックって?』CEOはその後、完全な沈黙を取り戻したが、私が確認したところ、それはヨハンとのプレイにはなかった。ヨハン?サブソニック弾ってどういうこと?ヨハン、戻ってこい

ともあれ、『Helldivers 2』 は引き続き最高に面白いゲームであり、今では行列に頭から突っ込むことなく、実際に楽しくプレイできる作品になっている。まだいくつか改善すべき点はあるが(デイリーオーダーがバグっている)、このゲームにはたくさんの魅力がある、


関連リンク



サーバー問題がほぼ解決したらしいというのは喜ばしいですね。やっと通常業務に戻れるといった感じで、アップデートも示唆されていますね。これからがある意味本番ですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク