ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

様々な意味で話題を集めた『パルワールド』:がプレオープンから1か月経過した中で、84%プレイヤーが減少したものの、悪くない結果に落ち着くとレポート



様々な意味で話題を集めた『パルワールド』:がプレオープンから1か月経過した中で、84%プレイヤーが減少したものの、悪くない結果に落ち着くとレポートへとしていて、その辺はどのような解釈をしているのかという話になりそうですね。


筆者は先日、新作ゲーム『Palworld / パルワールド』の同時接続プレイヤー数が2週間で3分の1に減ったという事実を伝える記事を執筆したことで、多くの非難を浴びた。しかし、この記事の主なポイントは、同作の人気が持続するのか、あるいは一過性のものなのかを見極めることだった。

それから2週間たった今、同作の状況がどうなっているかを見てみよう。PCゲームプラットフォームSteam(スチーム)での『パルワールド』の最大同時接続プレイヤー数は約35万人で、1カ月前のピーク時に記録した210万人から84%減少している。これは、悪くない数字だ。むしろ、この水準を維持していることは、同作がある程度息の長いタイトルであることを示している。

そもそも、210万人という同時接続プレイヤー数がいかに常識破りだったかを忘れてはいけない。これはSteamで歴代2位に入る記録的数字であり、『Dota 2』や『Counter-Strike 2』『Apex Legends』『Lost Ark』などを大きく引き離している。このピーク時からプレイヤー数が減少するのは当然のことだ。『パルワールド』はサバイバルゲームであり、終わらせるべきストーリーがなく、長期的なゴールがあることは確かだが、この数字を維持することは当初から不可能だった。

しかし、Steamの他のゲームと比較すると、『パルワールド』は今も非常に好調だ。先ほど挙げたSteamの「コア」タイトルを除けば、35万人という1日のピーク接続数は、他のタイトルのほとんどを上回っている。人気ゲームランキングでは『Last Epoch』や『HELLDIVERS 2』など人気の新作タイトルと順位交代を繰り返しており、最下位に沈むことなくトップ5圏内を行き来している。

加えて、Xboxでのプレイヤーもいる。累計プレイヤー数は、Steamで1500万人、サブスクリプションサービスの「Game Pass」で同作をプレイできるXboxでは1000万人に達した。ただ、同作にはマイクロトランザクションがないため、Xboxのプレイヤー数がいくら増えようとも、開発元のポケットペアはマイクロソフトから最初に受け取った金額以上の追加収入は得られない。しかし、Steam版ソフトが1500万本売れたということは、1本の価格を30ドル(日本向け価格は3400円)として単純計算すると4億5000万ドル(約680億円)の収入が生まれたことになる。比較的経験が浅く、わずか数十人で構成される開発チームが、たったの1カ月でこれほどの売り上げを達成したのだ。今後どうなろうと、同作は今年最大級の成功を収めたゲームであることには変わりない。

『パルワールド』の次回アップデートは主にチート対策に焦点を当てたものになるが、ポケットペアは今後、エンドコンテンツとなるレイドボスやPvPの実装や、新たなパルとギアの追加を行うと予告。しかし、その具体的な実装スケジュールは公表していない。本作は「ライブサービス」型ゲームではあるものの、シーズンやバトルパス、マイクロトランザクションを備えた従来型ライブサービスではない。だがポケットペアは今後、本格的なライブサービス化の魅力に抗えるだろうか?

他のゲームで見られるようなシーズンや拡張パックはなかったとしても、新しいコンテンツの配信により人気を再燃させられるかが気になるところだ。しかし現時点で言えるのは、同作が発売直後に極めて多くのプレイヤーを集めたため、その数が急減した今も全体的に見れば異例の人気を保っているということだ。


関連リンク



1か月で84%減少したものの、悪くない数字に落ち着いているとしていて、ライブサービスゲームでもない、まだ未完成なゲームなので、これから整備されていくタイトルとしてどう受け入れられるかですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク