ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ソニー『プレイステーション』ゲーム部門、年末年始の売上高が過去最高を更新、そのデータの内訳を紹介!



ソニー『プレイステーション』ゲーム部門、年末年始の売上高が過去最高を更新、そのデータの内訳を紹介!としていて、どのような結果が反映されていたのかしっかりと数字になって表れていて、何処が一番優れていたのかといえますね。


ソニー『プレイステーション』ゲーム部門、年末年始の売上高が過去最高を更新。

2023年のホリデーは、プレイステーションにとって輝かしい期間になるはずだった。ソニーは23年度中に2,500万台のプレイステーション 5を出荷し、ついにPS5を初めて前モデルを追い越すことを期待していた。ソニーは第3四半期に1,620万台のPS5を出荷し、この高い目標には届かなかったものの、販売実績でもう1つ大きな記録を更新した。

ソニーが提供し、TweakTownが分析したデータによると、2023年10月から12月までのホリデー四半期において、PlayStationゲーム部門の売上高は97億6,600万ドルだった。これは、ソニーのゲーム&ネットワークサービス部門にとって、四半期総売上高とホリデー第3四半期の売上高の両方で過去最高を更新した。

売上高の構成比は、ソニーのゲーム事業における最大の支出ポイントを浮き彫りにしている。ハードウェア、アドオンコンテンツ(マイクロトランザクションおよびDLC)、デジタルソフトウェアの売上が、プレイステーションの年末商戦における売上の大半を占めている。

セグメント別売上高の内訳は以下の通り。

プレイステーションの2023年ホリデー(Q3FY23)セグメント実績
アドオンコンテンツ - 23億6,000万ドル(27%増)
ハードウェア - 32億600万ドル (+3%)
デジタルソフトウェア - 19億1,200万ドル(11%増)
ネットワークサービス - 9億2,700万ドル (+8%)
その他 - 6億7500万ドル (+28%)
その他ソフトウェア(PC) - 9,270万ドル (-33%)
合計 - 97億6,600万ドル (+11%)

ソニー・インタラクティブエンタテインメントの十時裕樹CEOは、ある無料ゲームがプレイステーションのアドオンコンテンツ収入を23億6000万ドルに押し上げたと述べた。そのゲームの名前は明かされなかったが、10月の第3四半期開始時にPlayStationでリリースされたFortniteかRobloxのどちらかであった可能性がある。


関連リンク



結局プレイステーションでどの程度利益を上げていたのか?というのが垣間見れるデータといえそうで、アドオンコンテンツがけん引していたようですね。フォートナイトかRobloxかと指摘されていますね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク