ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

中国政府に提出された新しい商標と新しいBilibiliチャンネルは、『原神インパクト』開発会社HoYoverseの次の新作ゲームを示唆している可能性



中国政府に提出された新しい商標と新しいBilibiliチャンネルは、『原神インパクト』開発会社HoYoverseの次の新作ゲームを示唆している可能性としていて、どうぶつの森風のゲームになるとい噂のタイトルのようで、その片鱗が見えているかどうか?



中国政府に提出された新しい商標と新しいBilibiliチャンネルは、『原神インパクト』開発会社HoYoverseの次の新作ゲームを示唆している可能性がある。2020年に発売された『原神インパクト』は世界を席巻した。『原神インパクト』は数千万人のプレイヤーを獲得する大成功を収め、開発会社はその後、昨年の『Honkai: Star Rail』でも同様の成功を収めた。そして今、HoYoverseの次なる新作が、近い将来初めて公式発表されるかもしれない。

HoYoverseが最大の成功を収めたのは『原神インパクト』だが、このゲームのデビュー以来、開発会社は多忙を極めている。前述した『Honkai: Star Rail』と並んで、この中国のデベロッパーは新作アクションRPGとして『Zenless Zone Zero』を大々的に予告しており、すでに複数のベータテストを実施している。昨年のHoYoverseからのリークでは、開発元が最新プロジェクトとしてどうぶつの森風のゲームに取り組んでいることも示唆されていた。そして今回、HoYoverseが噂されているライフシミュレーションゲームを正式に発表する準備を進めている可能性を示唆する新たなアップデートが発表された。

HoYoverseの著名なリーカーであるhxg_diluc氏によって共有された最近のアップデートは、HoYoverseが正式に中国政府に新作ゲームの商標を申請したことを明らかにした。この投稿によると、タイトルは『Starry Sky Valley』と訳されており、以前紹介した『どうぶつの森』のようなゲームではないかと推測されている。この投稿では、中国のストリーミングサイトBilibiliのアカウントが同じ名前で登録されていることも明らかにされており、開発者が来るべき新たな発表の準備をしている可能性を示唆している。HoYoverseはこのライフ・シミュレーション・ゲームについて、まだ公式には発表していない。

HoYoverseからライフ・シミュレーション・ゲームに関する公式情報は共有されていないが、このゲームの存在は昨年公開された大規模なリーク情報の一部だった。このリークでは、原神インパクトがフォンテーヌ地方向けに開発中のコンテンツの多くが流出し、キャラクターのデザインやゲーム内のマップなどが含まれていた。HoYoverseは過去に何度も流出者に対して行動を起こそうとしており、原神インパクトの大量の流出者に対してテイクダウンや法的措置を積極的に追求している。『Honkai:StarRail』もリーク師からは逃れておらず、SF RPGの新コンテンツはしばしば事前にリークされている。

噂されるHoYoverseのライフ・シミュレーション・ゲームは、開発会社がここ数年RPGで見てきた成功を再現しようとするものだろう。原神インパクトの新キャラクターバナーは、中国のiOS市場だけで1000万ドル以上を定期的に稼ぎ出し、最も高いバナーでは3000万ドル以上を稼いでいる。『Honkai: Star Rail』も昨年のデビュー時に同様の成功を収め、ローンチから48時間で2000万ダウンロードを達成した。HoYoverseの『どうぶつの森』のようなゲームは、原神インパクトの開発元が次のプロジェクトで新しいジャンルに手を広げることになるだろう。


関連リンク



次回作はどうぶつの森風とオリジナリティが何処まであるのかという話になってきそうですね。原神インパクトもブレスオブザワイルドをモチーフにした作品だったのでその辺は確固たる何かがあるかですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク