ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ストリーミング配信の巨人Twitchが韓国市場から撤退したことを受け、韓国の通信監視当局がTwitchに32万7000ドル相当の罰金を科したことが最近明らかに



ストリーミング配信の巨人Twitchが韓国市場から撤退したことを受け、韓国の通信監視当局がTwitchに32万7000ドル相当の罰金を科したことが最近明らかにとしていて、何がダメだったのかという話で、相手は韓国ですから普通の感覚とは違いますね。


ストリーミング配信の巨人Twitchが韓国市場から撤退したことを受け、韓国の通信監視当局がTwitchに32万7000ドル相当の罰金を科したことが最近明らかになった。昨年、Twitchは『法外な』運営コストに基づいて韓国から撤退した。この動きには、韓国でのストリーミング画質を1080pから720pに落とすなどのサービス縮小も含まれていた。

皮肉なことに、コスト削減のために韓国を見捨てたTwitchの決断は、結果的に同社に数十万ドルの損失をもたらしたが、それもビジネスだ。

最近、『The Korea Times』に掲載された記事によると、『韓国電気通信委員会』は、Twitchの比較的突然の撤退を『ユーザーの利益を損なうことで現地の電気通信事業法に違反する』と判断したことが明らかになった。

具体的には、同社が国内でのVODアクセスをブロックしているため、罰金がTwitchに言い渡された。

TwitchはKTCから、韓国での『最大視聴品質』を最初に制限した正当な理由を説明するよう求められた際、守秘義務を理由に挙げた。Twitchに対しては、『違法映像』の配信を防止するための適切なシステムを導入していなかったとして、KTCから別の罰金も科されている。

Twitchからサービスを削除して以来、YouTube、Kick.com、AfreecaTVなどが市場の大半を占めている。


関連リンク



こうした動きを見ても韓国から撤退したのは正解でしょうね。自分たちの不利益になると思えば法律が拡大解釈をしたりする国なので、日本のように厳格さもないですしね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク