ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Helldivers 2の新パッチが配信され、70万人までオンラインで対応したものの、すでに限界に達しているらしい、その内容とは?



Helldivers 2の新パッチが配信され、70万人までオンラインで対応したものの、すでに限界に達しているらしい、その内容とは?としていて、何がダメなのかという話であって、その辺は解決出来るのかどうかという所ですね。


Helldivers 2の新パッチが配信され、開発元のArrowheadはHelldivers 2のサーバーキャップが700.000まで引き上げられたことを確認した。

先週、Arrowheadは人気のSF Co-opシューターがDestiny 2とStarfieldのSteam同時接続プレイヤー数を上回ったことを受け、サーバーの上限を約45万人まで引き上げました。しかしArrowheadのゲームを止めることはできず、ArrowheadのCEOであるJohan Pilestedt氏はこのたびXで、新パッチによってサーバーの上限が70万人に引き上げられたことを確認した。残念ながら、同CEOはまた、この新しい上限はすぐに達成される可能性が高く、待ち時間が発生することが予想されるとも述べている。

『CCUの上限を700,000に更新しました。残念ながら、CCUはそのレベルに達すると予想しています。待ち時間はもっと耐えられるようになると信じています。』

サーバーキャップの増加以外にも、リリースされたばかりのパッチ1.000.12(AFKプレイヤーに自動キック機能を導入した2日前のパッチの後)では、一部のプレイヤーが長時間シネマティックで立ち往生してしまう問題にも対処しています。リリースノートと既知の問題はこちらで確認できます。

この新しい70万人のCCUプレイヤー制限は、PS5とPCのプレイヤーを同時に対象としたもので、本稿執筆時点では、SteamのCCUは50万人近くに達しています。前述したように、『Helldivers 2』の現在進行中のサーバー問題への対処は、単にサーバーを増設するほど簡単ではない。Pilestedt氏は数日前、『お金の問題でも、サーバーを増やす問題でもない。労力の問題です。バックエンドのコードを最適化する必要がある。本当に限界にきている。』


関連リンク



コードを最適化しないとならず、限界にきているらしいとしていて、いつまで持ちこたえるかという話になってきそうですね。70万に規模を拡大したものの、これもどうなるかという所ですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク