ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xbox Game StudiosとObsidian Entertainmentのアドベンチャーロールプレイングゲーム『Pentiment』が、PS5で120fpsのフレームレートで動作していると報じられる



Xbox Game StudiosとObsidian Entertainmentのアドベンチャーロールプレイングゲーム『Pentiment』が、PS5で120fpsのフレームレートで動作していると報じられるとしていて、技術的には全然余裕があるでしょうから対応するのかどうかですね。


Xbox Game StudiosとObsidian Entertainmentのアドベンチャーロールプレイングゲーム『Pentiment』が、PS5で120fpsのフレームレートで動作していると報じられた。

このゲームは、マイクロソフトがファーストパーティタイトルの一部を競合プラットフォームに移植するという新たな取り組みの一環として、プレイステーションプラットフォームでリリースされる。ある鋭い目を持つプレイヤーは、PentimentがPS5で120fpsのフレームレートをターゲットにしていることに気づき、Redditでその発見を共有した。彼らは2つのオフスクリーン動画を撮影し、1つは60Hz、もう1つは120Hzで撮影している。

Redditユーザーのオフスクリーンビデオキャプチャーをフレームごとに分析したところ、120Hzでキャプチャーされたビデオは60Hzでキャプチャーされたビデオのちょうど2倍の速さでコンテンツが更新されるため、PS5でPentimentをより高いフレームレートで動作させることができることがわかりました。

これは、PS5がこの技術的に控えめなタイトルをより高いフレームレートで動作させることができないからではなく、マイクロソフトのXboxシリーズX|Sコンソール上では60fpsでしか動作しないからだ。おそらくObsidian Entertainmentは、少なくともXbox Series X版がPS5版のフレームレートと同じになるようなアップデートを展開するだろう。開発元はまだ、PS5版とXboxシリーズ・コンソール版の間のこの食い違いを認めていない。

PentimentはObsidian Entertainmentが開発し、Xbox Game Studiosがパブリッシャーを務めるアドベンチャーゲームである。このゲームはWindows、Xbox One、XboxシリーズX/Sプラットフォームで発売されており、最近ではNintendo Switch、PS4、PS5でも発売されている。

本作は16世紀のバイエルンを舞台にした、物語仕立ての冒険ロールプレイングゲームだ。プレイヤーは旅芸人のアンドレアス・マーラーとして、友人の殺人事件の犯人とされる人物に迫る。真犯人は、25年間のプロットの過程で正統的に明らかにされることはない。その代わり、プレイヤーは自分が犯人と信じる人物か、あるいは最も罰せられるに値すると信じる人物のどちらかに基づいて誰かを告発することになる。メインの殺人事件の捜査と同時に、他の犯罪や陰謀も進行している。このゲームのアートスタイルは、中世後期の写本、初期の版画、中世後期から近世への移行期の木版画をミックスしたものである。


関連リンク



PS5版は120フレームも用意かという話になっていて、元々スペックの限界を追求したゲームではないので、その辺は可能なら実施するかどうかという選択になる部分といえそうですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク