ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Epic Gamesの一部門は、Unreal Engineのゲームクラッシュの報告数が増加していることについて、Intelの最新CPUを指摘、その原因と対策とは?



Epic Gamesの一部門は、Unreal Engineのゲームクラッシュの報告数が増加していることについて、Intelの最新CPUを指摘、その原因と対策とは?としていて、高いお金を払ってリッチな体験をしているのにという気にさせるでしょうね。


Epic Gamesの一部門は、Unreal Engineのゲームクラッシュの報告数が増加していることについて、Intelの最新CPUを指摘しています。最近のトップエンドの CPU は、コアがぎっしり詰まっており、そのすべてが高速で動作しているため、このように動作させ続けるには多くのエネルギーが必要です。特に、Intel の最新の Core i9 プロセッサーは、最も電力を消費するチップの 1 つです。また、マザーボードベンダーは、さらにパフォーマンスを引き出すために、BIOS設定をさらに強化することが多い。

これらすべてが、ゲームやアプリのクラッシュ、特にUnreal Engineでビルドされたゲームのクラッシュ報告増加の原因となっているようです。

これはEpic Gamesの一部門であり、数百のゲームに使用されているBinkビデオコーデックやOodleデータ圧縮技術を開発しているRADの見解です。RADは、インテルにも直接その矛先を向けている。『我々は、これは主にインテル13900Kと14900Kプロセッサに影響を与えるハードウェアの問題であると考えています。』  

また、CineBench、Handbrake、Visual Studioといった他のソフトウェアでも同様の問題が発生するとしています。

ゲーミングPCがクラッシュし、『ビデオメモリ不足』のGPUメッセージが表示され、Core i9 14900KなどのCore i9 第13世代または第14世代プロセッサを搭載している場合、この問題は(エラーの性質にもかかわらず)CPUに起因している可能性があります。アンロックされたKバージョンに代表される特定のi7モデルでも、程度は低いものの、この問題が発生していると報告されている。

これはソフトウェアの問題ではないため、マザーボードのBIOSかIntelのExtreme Tuning Utility(XTU)を使ってCPUの設定を調べるしかない。Pコアのクロック倍率を1~2ノッチ下げるという簡単な修正方法があります。例えば、デフォルト値がx55の場合、x54またはx53に下げることでクラッシュが発生しなくなる可能性があります。

これを行う最も簡単な方法はXTUを使用することですが、コンピュータを起動するたびに設定を適用し直す必要があるかもしれません。永久的な方法はBIOSで行うことですが、これを行うにはベンダーのマニュアルを詳しく調べる必要があります。

そのついでに、他の値も少しいじってみるといいだろう。私のPCにはAsusのマザーボードが搭載されており、『ASUS MultiCore Enhancement』と書かれた特定の設定がある。これは、CPUをインテルのデフォルト値より少し速く動作させるものだが、CPUがより多くのエネルギーを消費するようにもなる。これを無効にすると、安定性は増しますが、パフォーマンスは若干低下します。

同じことが、PL1/PL2値としても知られ『長時間/短時間電力制限』にも当てはまります。例えば、Core i9 14900Kのデフォルトの電力制限は125Wと253Wですが、マザーボードがより高い電力制限を強制している可能性があります(Asusが独自の『機能強化』で行っていることです)。

アンリアル・エンジン・ゲームのシェーダー・コンパイルやビデオの解凍は、CPUコアを突然、時には持続的な負荷にさらす可能性があるため、電力制限が高すぎると、プロセッサが安定した状態を維持するために戦っている可能性があります。

すべてのCore i9ユーザーがこのようなクラッシュを経験するわけではありません。例えば、マルチコア拡張機能を有効にしたAsusマザーボードを使用している場合でも同様です。問題を報告している人が比較的少数であることを考えると、このようなCPUは、チップをどのプロセッサー・モデルに使用するかを決定する製造時のテストに合格したに過ぎないというケースかもしれない。

仮に80のプロセッサ・モデルのサンプルを購入したとしたら、到達可能なクロック速度、消費電力、負荷時の温度には顕著な差があることがわかるだろう。つまり、クラッシュを経験している人は、運が悪かったとしか言いようがないのだ。

少なくとも、自分のPCを安定させるのは簡単だが、問題なく動作するはずの製品にお金を払ったのだから、BIOSをいじる必要はないと考えるのであれば、RMAを要求し、より品質の良いチップを手に入れることを願うしかない。


関連リンク


果たしてどれだけの人が最先端のCPUを追いかけているかは不明ですが、当たり外れがあるようで、外れを引いた人は設定をいじらないとアンリアルエンジンのゲームで定期的にクラッシュするとしていますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク