ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Criterion Gamesは、レーシングゲーム『ニード・フォー・スピード』シリーズの2022年発売作『Need for Speed Unbound』を今年もサポートすると発表、その概要とは?



Criterion Gamesは、レーシングゲーム『ニード・フォー・スピード』シリーズの2022年発売作『Need for Speed Unbound』を今年もサポートすると発表、その概要とは?としていて、ファンにはうれしいサプライズになったようでですね。


Criterion Gamesは、レーシングゲーム『ニード・フォー・スピード』シリーズの2022年発売作『Need for Speed Unbound』を今年もサポートすると発表し、ファンを驚かせた。Need for Speedが30周年を迎えたことも一因だという。

Criterion Gamesは、この1年間のライブサービスを、1本のゲームで究極のNFS体験を提供する第一歩とするつもりだ。『Head to Head』(2月~4月)を皮切りに、『Drift & Drag』(5月~7月、『NFS Underground』にインスパイアされた作品)、『Cops vs. Racers』(8月~10月、『NFS: Hot Pursuit』にインスパイアされた作品)、そして最後に10月~12月に予定されている現在のところ未発表のコンテンツと、4つのボリュームの新コンテンツのリリースを目指している。

これらの各ボリュームでは、Need for Speed Unboundに少なくとも1つの主要なゲームモードや機能が追加されるほか、複数のボディキットを備えたフルカスタマイズ可能な車2台が新たに追加される。第6巻からは、スピードパスにプレミアムトラックが追加される。

プレミアムトラックでは、注目の新車両のいずれかに即座にアクセスでき、その詳細なカスタマイズコンテンツのすべてを獲得する能力がアンロックされる。また、このトラックにはカスタムバージョンの車両も含まれており、プレイヤーはシーズンごとに最もホットな新しいカスタマイズオプションを見つけることができる。

『Need for Speed Unbound』のプレイヤーは、イベント、フリードライブアップデート、ウィークリーPvPプレイリスト、プログレッションアップデート、チャレンジのほか、コミュニティからのフィードバックに基づくバグフィックスやクオリティ・オブ・ライフの改善も期待できる。これは、NFSのインフルエンサーやコミュニティの著名なメンバーによって結成されたプレイヤー評議会を通じて組織されるだけでなく、増加した遠隔測定を通じて収集されます。

Wccftechの発売時レビューでは、Need for Speed Unboundはネイサン・バーチ氏から10点満点中7.5点の評価を得た。

『Need for Speed Unbound』は、フランチャイズとしてはここ10年で最高の作品だ。このゲームは洗練された技術、(若干古いが)優れたオープンワールドデザイン、多彩なイベントやチャレンジを提供しているが、現在のオープンワールドレーサーパックのリーダーにはまだ遅れをとっている。


関連リンク



見た目のインパクトもあった作品で、話題になりましたが、売れゆき的には今一つだった中、今年もサポートが続くというのはファンにとってはうれしいところで、4つのコンテンツを用意しているみたいですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク