ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Respawn Entertainmentが開発中のStar Wars FPSは、Dark Forcesにインスパイアされ、Unreal Engine 5を使用して開発されていると伝わる



Respawn Entertainmentが開発中のStar Wars FPSは、Dark Forcesにインスパイアされ、Unreal Engine 5を使用して開発されていると伝わるとしていて、単体でリマスター化も別のスタジオでやっているので、そのアップグレード版といえそうですね。


Respawn Entertainmentが開発中のStar Wars FPSは、Dark Forcesにインスパイアされ、Unreal Engine 5を使用して開発されています。

EA/Respawnエンターテインメントが先日発表した、スター・ウォーズFPSのシニア・ユーザー・インターフェース・アーティストの募集要項によると、このゲームは『Dark Forces』や『Jedi Knight: Dark Forces 2』といった名作にインスパイアされたもので、Unreal Engine 5のパワーを活かして一から開発が進められています。

 Respawn Entertainmentは、『Dark Forces』と『Jedi Knight: Dark Forces 2』から得たインスピレーションとUnreal Engine 5の技術を融合させ、最高クラスのシューティングゲームを制作してきた実績を活かして、プレイヤーに楽しんでもらえる全く新しい体験を提供するとのことです。この説明から察するに、Dark ForcesとTitanfallを足したようなゲームプレイになると思われ、Star WarsとRespawn Entertainmentの両方のファンにとって非常にエキサイティングなものになりそうだ。

『Star Wars: Dark Forces』はルーカスアーツが開発した一人称視点のシューティングゲームで、1995年にMS-DOSとマッキントッシュで、1996年にプレイステーションで発売された。『スター・ウォーズ』の拡張ユニバースが舞台で、『スター・ウォーズ』オリジナル映画の直前から始まり、1年後にジャンプアップする。プレイヤーはカイル・カターンとなり、スター・ウォーズの世界に登場するさまざまなクリーチャーやキャラクターと戦闘を繰り広げる。戦闘と並行して、環境パズルやハザードも登場する。ミッションのブリーフィングやカットシーンを通じて語られるリニアなストーリーに沿って進行する。ゲームのミッションは、スター・デストロイヤーの内部、ジャバ・ザ・ハットの邸宅、惑星コルサントなど、スター・ウォーズ世界のさまざまな舞台で発生し、プレイヤーはコンピューター保管庫に潜入しなければならない。

Nightdive Studiosは現在、Microsoft Windows、Nintendo Switch、PlayStation 4、PlayStation 5、Xbox One、Xbox Series X/S向けに『Star Wars: Dark Forces』のリマスター版を開発中だ。


関連リンク



アンリアルエンジン5で最新グラフィックで作っているものになっていて、臨場感あふれる世界を満喫できそうな話になっており、FPSで展開されるため、往年のファンも楽しみにしていそうですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク