ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Helldivers 2は、この1週間で予想外の成功の高みに達し、スチームだけで33万人がプレイしている事が明らかに



Helldivers 2は、この1週間で予想外の成功の高みに達し、スチームだけで33万人がプレイしている事が明らかにとしていて、それだけのヒットを甘く見積もっていたため、サーバーがピンチになっているようですね。


Helldivers 2は、Valheimのような過去のロンチ後の成功を模倣したプレイヤーの軌跡で、この1週間で予想外の成功の高みに達した。本日午後の時点でSteamの同時接続プレイヤー数は33万人を超えており、この同時接続プレイヤー数はロンチ週末の15万人のピークから上昇の一途をたどっている。

プレスタイムの時点で、同時接続プレイヤー数のピークは、UTC午後8時10分頃の333,827人だった。この数字はSteamDBによるものだが、PlayStationがパブリッシュする『Helldivers 2』はPCとPS5のクロスプレイに対応しているため、SteamDBでは半分しか知ることができない。先週の2月11日、開発元のArrowhead GamesのCEOによれば、総プレイヤー数は少なくとも100万人だった。

しかし、コミュニティーの間でよく言われているのは、『Helldivers 2』は成功に苦しんでいるということだ。膨大な数のプレイヤーが、ピーク時のプレイヤー数が現在の4分の1以下であると予想していた開発者に深刻なサーバー問題を引き起こしているのだ。

一般的な問題は、ミッションの報酬がすぐに配布されず、数時間後にアカウントに反映されることだ。よくある問題は、 大きなバグがあれば、それについてクリップし、共有し、文句を言うことができるより多くのプレイヤーベースによって、即座にシグナルが後押しされる。

険しい道のりを補うため、Arrowheadは今、たくさんのボーナス経験値を配っている。

Helldivers 2 は、圧倒的な火力を装備して圧倒的な不利な状況に立ち向かうカオスな戦場を舞台にしたサードパーソン協力型シューティングゲームで、その道中には愉快なフレンドリーファイアもたくさん登場する。PC Gamerの『Helldivers 2』レビューでライターのJoshua Bailes氏は『豪快で、面白くて、やりがいがあるが、まだちょっとバグが多い』と評している。その評価と、たとえ(巨人でない)バグが1試合の結末を台無しにしたとしても、全体的な体験は最高だというJoshua Bailes氏の結論には同意しよう。


関連リンク



人気を甘く見積もっていたせいで、サーバーがパンク状態になっているようで、バグも含めて今後の課題が浮き彫りになっているようですね。快適なプレイが出来るように改善されるのはいつになるか?

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク