ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Remedyはこのほど、『Alan Wake 2』のプレイ状況に関する最新情報を発表し、同スタジオがこれまでにリリースしたタイトルの中で最速のセールスを記録していることを明らかに



Remedyはこのほど、『Alan Wake 2』のプレイ状況に関する最新情報を発表し、同スタジオがこれまでにリリースしたタイトルの中で最速のセールスを記録していることを明らかにとしていて、成功して何よりといえる作品の1つですよね。


Remedyはこのほど、『Alan Wake 2』のプレイ状況に関する最新情報を発表し、同スタジオがこれまでにリリースしたタイトルの中で最速のセールスを記録していることを明らかにした。2024年2月現在、『Alan Wake 2』の販売本数は約130万本であることが確認された。『Alan Wake 2』は発売から2ヶ月で、『Control』の発売から4ヶ月を50%上回るセールスを記録したことが、Remedyの報告書で確認された。

『Alan Wake 2』は2023年10月に発売され、アクション満載の恐怖に満ちたゲームプレイに、心を揺さぶるシーンや没入感のあるストーリーが織り交ぜられ、非常に高い評価を得た。3カ月で100万本以上を売り上げ、2024年に入っても好調を維持している。2019年以降、400万本強を売り上げた『コントロール』に追いつきつつある、とRemedyは確認した。

声明の中で、RemedyのCEOであるテロ・ヴィルタラ氏は次のように述べている:

Alan Wake 2の販売開始には満足しています。価格帯も高水準を維持しており、開発費とマーケティング費のかなりの部分をすでに回収しています。今後も既存ファンへのサービスと新規プレイヤーの獲得を目指して開発を進めていくので、好調なセールスが続くと期待している。

『Alan Wake 2』には2つの有料DLCが開発中であり、Remedyが自信を持っている『ロングテール・セールス』の拡大に計り知れない貢献をしてくれるでしょう。『Alan Wake』と『Control』はどちらも『Remedy Connected Universe』の土台となるもので、開発会社によって将来的に拡張される、野心的で広範囲に及ぶ作品である。


関連リンク



2を出すまで長い時間を必要としましたが、その売れゆきには満足しているようですね。今後このゲームに続きが見られるのかという話になりそうで、ユニバース的な意味合いもあるみたいですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク