ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

エンブレーサー・グループは、昨年6ヶ月間に29の未発表ゲームをキャンセルしたことを確認、更なるスタジオの買収や閉鎖も視野に入れる



エンブレーサー・グループは、昨年6ヶ月間に29の未発表ゲームをキャンセルしたことを確認、更なるスタジオの買収や閉鎖も視野に入れるとしていて、上層部の致命的な経営ミスはもっと日本だと問われるものですが、この辺は海外の会社らしいですね。


エンブレーサー・グループは、昨年6ヶ月間に29の未発表ゲームをキャンセルしたことを確認した。

同社は2023年6月、スタジオの閉鎖やプロジェクトの中止を含むリストラ計画を実施すると発表した。

月に終了した第1四半期には、社内スタジオと資金調達している外部スタジオで153本の未発表ゲームを開発していた。第2四半期は138本、12月終了の第3四半期は124本に減少した。

また、リストラの結果、12月までの半年間で、全世界の従業員の約8%にあたる1,387人が削減された。その内訳は、社内ゲーム開発者871名、社内非開発者252名、社外開発者264名。

12月現在、Embracerの社内ゲームスタジオは132で、半年前の139から減少し、外部の開発スタジオは50で、59から減少した。

エンブレイサーのラース・ヴィンゲフォース最高経営責任者(CEO)は24日、同社のリストラ計画は『最終段階』に入ったとしながらも、さらなる資産売却を視野に入れているため、さらなる削減が行われる可能性があると警告した。

『リストラ計画の一環として、エンブレイサーは、バランスシートを強化し、設備投資をさらに削減できるような、いくつかの大きな構造的な売却プロセスを現在進行中である。』


関連リンク



エンブレーサーに買収されたスタジオは戦々恐々としているでしょうね。いつどこでリストラが発動するかわからないですしね。経営判断の重大なミスは余りにも大きすぎたようで、グループも巨大すぎてダメになったパターンですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク