ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

新たに公開された特許によると、ソニーは、プレイヤーがゲームセッション中に音声通話やビデオ通話をしていることを検出し、プレイヤーのプライバシーを保護するための対策を実施へ



新たに公開された特許によると、ソニーは、プレイヤーがゲームセッション中に音声通話やビデオ通話をしていることを検出し、プレイヤーのプライバシーを保護するための対策を実施へとしていて、どのような意図があるのかですね。


新たに公開された特許によると、ソニーは、プレイヤーがゲームセッション中に音声通話やビデオ通話をしていることを検出し、プレイヤーのプライバシーを保護するための対策を実施するプライバシーソフトウェアの開発に取り組んでいる。ソニーが最近発表した複数の特許は、ユーザーエクスペリエンスの向上に焦点を当てたもので、この最新の特許は、プレイヤーに焦点を当てた変化をさらに発展させることを目的としている。

1946年に設立されたソニーは、日本のコングロマリットであり、テクノロジーとゲーム産業において大きな存在感を示している。ソニーは、テレビ、オーディオ、PCハードウェアの革新とともに、プレイステーション・ファミリーのコンソールを開発してきた。最近では、この新しい個人情報保護プロジェクトなど、ソフトウェアの研究開発にも力を入れている。

最新の特許公開に詳述されているように、ソニーは着信を検知し、プレイヤーを保護するためのプライバシー対策を提供できるソフトウェアの開発に取り組んでいる。これにより、プレイヤーはゲーム内のコミュニケーションを手動で変更することなく、通話を受けることができるようになる。ソフトウェアの音声検出により、自動的にマイクがミュートされ、フェイスカムがぼかされるからだ。そうすることで、ゲーム内通信システムを利用する他のプレイヤーからプレイヤーのプライバシーをより守ることができる。この新しいソフトウェアや、以前ソニーが取得した年齢制限ソフトウェア特許に反映されているように、プレイヤーを保護することは、最近のソニーの取り組みにおいて注目すべき要素となっている。これらのシステムはプレイヤーの安全性を向上させるのに役立つだろうが、企業が特許を申請しても完全には実現されないことがよくあるため、この通話プライバシーソフトウェアがユーザーに提供される保証はない。

ソニーの通話支援特許の図は、プライバシー対策が実施されるプロセスを示している。ゲームオーディオは、着信音などの外部オーディオキューで認識され、プライバシーソフトウェアが起動する。また、通話に応答していることを示すボーカルラインなど、その他の音声入力もプライバシー対策を有効にするために利用されます。ソフトウェアが通話が行われていると判断すると、開始されるプライバシープロトコルには以下が含まれます。

ゲーム内のマイクをミュートし、アバターをミュートとしてマークする。
読唇術を防ぐため、フェイスカムを一時停止および/または見えなくする。
ゲーム内の音声を低減またはミュートする。
ゲームのダイアログ用に字幕を作成
通信ダイアログの文字起こしおよび録音
聞き逃した通信の要約をテキストで提供

要するに、ソニーの通話サポートソフトは、ゲーム内の通信をミュートするハンズフリーシステムを構築し、プライバシー侵害のリスクなしに音声通話やビデオ通話ができるようにすることを目的としている。同様のプロトコル、すなわち音声の書き起こしや字幕の作成は、聴覚障害者向けのソニーの別の特許にも見られる。

これらの特許はいずれもまだ公開されておらず、また公開される保証もないが、ソニーが研究開発において注力している核となる要素をプレイヤーに明らかにしている。最近のソニーのソフトウェア特許の多くは、より安全で利用しやすいゲームを優先することを目的としている。このように、ソニーは自社のプラットフォームをあらゆる年齢や背景のユーザーにとってより包括的なものにする方法を検討しているようだ。


関連リンク



ハードプラットフォルダーは様々な検討や追加技術を摸索するので、その一環としての話でしょうね。当然これが日の目を見ない可能性も大きく、技術の追求だけで終わるかもしれませんね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク