ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

『Life is Strange』の制作で有名だったDON'T NODが、その劣悪な労働環境が内部からリークされた事が明らかに



『Life is Strange』の制作で有名だったDON'T NODが、その劣悪な労働環境が内部からリークされた事が明らかにとしていて、労働組合があるので、そこでどうにかなるのかという話になってきそうで、これをどう処理するのかといえますね。


バニッシャーズ かつて『Life is Strange』の制作で有名だったDON'T NODが手がけたゲームとしては、最も野心的な作品のひとつとして、本日、世界的にリリースされた『Ghosts of New Eden』。しかし、その節目の影で、フランスのゲーム組合が最近、DON'T NODの重大な問題がスタッフに影響を与え、社内で問題が多発しているという報告書を発表した。

フランスの組合であるSTJVによる内訳では、DON'T NODの内情について数え切れないほどの詳細が明らかにされた。同組織が開発会社に対して『警鐘を鳴らしている』ことが強調され、同社のスタッフに影響を与えるいくつかの重要な懸念があると主張した:

上級の利害関係者から出される矛盾した指示
納期が予告なしに変更される
プロジェクトの『長期的ビジョンがない』まま、社員が散発的に異動させられている。
チームは『過酷な組織再編』によって冷遇されている
DON'T NODで働くスタッフは、かなりの数の『体調不良や病気休暇』を取っていると主張されている。最高レベルで決定が下されるという点では、バニッシャーズの長期遅延が一般に知られるわずか30分前に開発者に知らされたという話もあり、社内の透明性の欠如と不規則な意思決定が浮き彫りになった。

また、2023年10月にリリースされたJusantの開発チームは、商業的な期待に応えられなかったため、閉鎖され、『分散』させられたという。

従業員アンケートでは、30%の従業員が友人にDON'T NODへの入社を勧めず、50%の従業員が同社の企業戦略に否定的であることが明らかになった。

STJVの報告書では、『経営陣の対応は砂の中に頭を埋めるようなもの』であり、労働組合から出された連絡を無視することであるとしている。

DON'T NODはまだこの報告書に回答していない。


関連リンク



かなり劣悪な環境である事が漏れ伝わっていて、これは重大な問題といえそうですね。公式なアナウンスをいつするのか、もしくはしないのか?

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク