ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ハリウッド映画によって、ソニックは『永遠の15歳』ではなく、年を重ねている可能性を指摘へ



ハリウッド映画によって、ソニックは『永遠の15歳』ではなく、年を重ねている可能性を指摘へとしていて、タイムラインが整理され、その中での出来事や冒険などが描かれている時間軸が存在していて、それに乗っ取ったものになるようですね。


『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』シリーズは今年33歳になる。にもかかわらず、ソニック・ザ・ヘッジホッグというキャラクターは、これまでにも誕生日を祝う姿を見てきたとはいえ、常に15歳だった。

しかし、映画シリーズは全く違う道を歩むかもしれない。ファンによって発見されたように、ナックルズ・スピンオフ・シリーズの予告編では、ソニックがかなり背が高くなっているようで、少なくともこの時間軸では、ソニックと他の仲間たちが最終的に年をとる可能性を示唆している。

映画シリーズとパラマウント・プラスのスピンオフ番組で使用されるソニックのモデルの違いは、並べて見るとさらに明らかになる。これが意図的に行われたのかは定かではないが、このソニックのタイムラインはゲームのようにあちこちにあるのではなく、実際に前進しているという印象を与える。

ここでの出来事の時系列を考えると、これはとても理にかなっている。ナックルズはソニック映画の2作目と3作目のちょうど中間に位置し、次回作ではソニックアドベンチャーの時代に突入する。ゲームシリーズでは、『ソニックアドベンチャー』で多くのキャラクターが現在も使われているデザインに一新され、今でいう『モダンソニック』を導入した最初のゲームとなった。そのため、映画シリーズにこれを反映させるため、ソニックは少し背が高くなるようで、古典的なゲームには登場しなかったシャドウと対決するのだから、理にかなっている。

すでに映画用にキャノンの多くが変更されているため、シリーズを重ねるごとに一味が年をとるのは大きな驚きではないだろう。それに、2つのゲームの間にソニックの身長が数フィート伸びるのを見せるゲームよりも、少し理にかなっている。『ソニックマニア』と『スーパースターズ』のおかげで、クラシックソニックがまだ自分の時間軸でノッキングしていることに気づけば、これはさらに混乱するだけだ。

言い伝えの混乱はさておき、今年はソニックファンにとって盛りだくさんの年になりそうだ。ナックルズとソニック3が出るだけでなく、ソニック×シャドウ ジェネレーションズという新作も控えている。その名の通り、初代『ソニック ジェネレーションズ』のリメイクで、シャドウのプレイアブルキャンペーンが追加される。映画第3弾が12月30日に公開される前の秋に発売される予定だ。


関連リンク





ソニックは映画化されるのと同時にライムラインをしっかりと整理しているので、その中で年を重ねる意味合いが描かれているらしいというものですね。15歳という設定だったのは知らなかったですね。

 [ゲーム]セガ系関連記事

スポンサードリンク