ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

リーク師によって、PS6は2028年を想定、最もパワフルなゲーム機になるために開発中で、AMDの採用が決定か



リーク師によって、PS6は2028年を想定、最もパワフルなゲーム機になるために開発中で、AMDの採用が決定かとしていて、その辺は4年後には出るという話になるとして、PS5PROにも言及が及んでいるものになっていますね。


ソニーはPlayStation 6をその世代で最もパワフルなゲーム機にすることを計画しており、そのため、この目標を達成するために必要なだけの時間をかけることを恐れていない。

今週、RedGaming Techがシェアした新しいビデオでは、ソニーの次世代システムだけでなく、PlayStation 5 Proについてもいくつかの最新情報が提供されている。ソニーはまだ中世代リフレッシュシステムを発表していないが、サードパーティのスタジオが最近開発キットを受け取り始めたことから、このゲーム機が本当にリリースされる可能性が高まっているようだ。ハードウェアがキャンセルされることはよくあることなので、このシステムが100%発売されるという確証にはならないが、開発キットが出荷されているという事実は、ソニーが今年後半に発売されるはずのPlayStation 5のアップグレードに踏み切ることを示唆している。

PlayStation 6に関しては、約1年前から開発が進められており、CPUやRAMなどのスペックはまだ確定していない。RedGaming Techによると、ソニーは現在、開発スタジオと話し合いながらシステムの調整を行っており、ソニーが検討しているベンダーはAMDだけであるため、AMDの技術が搭載されることはほぼ確実だという。ソニーはPlayStation 5のためにNVIDIAを含む複数のベンダーと話をしていたが、AMDに落ち着いたため、これはやや新しいことである。

システム仕様は未定だが、ソニーはPlayStation 6をその世代で最もパワフルなゲーム機にすることを目標としており、そのため、ゲーム機の発売時期は2028年と言われているように、ゆっくりと物事を進める準備ができている。この目標がどのように達成されるかはまだ不明だが、日本企業はレイトレーシングとパストレーシング(後者は膨大なパフォーマンスコストがかかるため、一般的にはサポートされていない)、機械学習とAI(特にNPCとのインタラクション)、革新的で高度なゲーム体験を提供するために、3倍以上の努力をしていると言われている。

PlayStation 6の発売はまだ先であり、PlayStation 5 Proはまだ未発表であるため、ビデオで明らかにされたことはすべて大いなる噂差に見る必要がある。ソニーとマイクロソフトの両社が次世代ハードウェアをどのように扱うのか、興味深いところだ。


関連リンク



PS5ですらPS4とのマルチタイトルが多かったり、PS5の真のポテンシャルを生かしたタイトルが少ない中で、PS6は最もパワフルなゲーム機として2028年を目指すとして、ハイエンド路線を突き進みますね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク