ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

あるベテラン声優が、携わっていた3つのプロジェクトが相次いでキャンセルまたはリブートされたことを受け、ビデオゲーム業界を『災害地帯』と表現へ



あるベテラン声優が、携わっていた3つのプロジェクトが相次いでキャンセルまたはリブートされたことを受け、ビデオゲーム業界を『災害地帯』と表現へとしていて、今ゲーム業界では何が起こっているのかという危機的な状況のようですね。


あるベテラン声優が、携わっていた3つのプロジェクトが相次いでキャンセルまたはリブートされたことを受け、ビデオゲーム業界を『災害地帯』と表現した。

『スターフィールド』のサム・コーと『デウスエクス』最新2作のアダム・ジェンセンを演じ、ゲーム俳優として20年近い経験を持つイライアス・トゥーフェクシス氏は昨日、ツイッターで業界の現状について語った。『デウスエクスはキャンセルされた。私が俳優と監督を兼任していた他の大規模なゲームはキャンセルされ、私が俳優と監督を兼任していた3つ目のゲームは作り直され、(現在)全く新しいチームでゼロからスタートしている。』

トゥーフェクシス氏は、ビデオゲーム界を『今は災害地帯 』と表現し、『現在、他に2つか3つのゲームに取り組んでいるが、週明けかその前に全てキャンセルされると思う 』とジョークを飛ばした。

そのうちの2つのプロジェクトが何なのかは不明だが、先週3つ目の新時代の『デウスエクス』ゲームが公にキャンセルされたことは、業界を揺るがし続ける不確実性を示す、注目度の高い例であることは間違いない。20億ドルの投資で失敗する前に業界の大部分を買い占めたエンブレイサー・グループは、近年買収したスタジオのいくつかを閉鎖しており、『Human Revolution』や『Mankind Divided』の開発元であるアイドス・モントリオールを含む多くのスタジオがレイオフの影響を受けている。

トゥーフェクシス氏は、『火の中にたくさんの鉄砲』があるため、経済的には安泰であろうと述べているが、彼が業界の現状について発言したのは今回が初めてではない。彼は最近、『Deus Ex』(デウスエクス)の発売中止をめぐってファンに語りかけ、声優界におけるAIの台頭を否定し、新進気鋭の俳優たちへのアドバイスとして『あえて仕事を始めるべきではありません』と示唆した。


関連リンク



プロジェクトは先行き不透明、企業はリストラを推し進めるとして、リスク回避のためなんでしょうが、それだけ未来は暗いのか?という話になってきそうですね。PS6やその次のXBOX向けも動いている頃ですが・・・

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク