ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

先日、ルクセンブルクを拠点とするプライベート・エクイティ・ファーム、CVCキャピタル・パートナーズが、『RuneScape』の開発元であるJagexを11億ドルという巨額で買収するために交渉中であることが明らかに



先日、ルクセンブルクを拠点とするプライベート・エクイティ・ファーム、CVCキャピタル・パートナーズが、『RuneScape』の開発元であるJagexを11億ドルという巨額で買収するために交渉中であることが明らかにとしていて、その経緯は如何に?


先日、ルクセンブルクを拠点とするプライベート・エクイティ・ファーム、CVCキャピタル・パートナーズが、『RuneScape』の開発元であるJagexを11億ドルという巨額で買収するために交渉中であることが明らかになった。Jagexが現在のオーナーであるカーライル・グループによって『売却』されることが明らかになったのは数カ月前のことで、その場での会話が続く中、同社の価値が驚異的なものであることが明らかになりつつある。

Jagexが買収されるのは今回で4度目だが、そのたびに価値はほぼ倍増している。

RuneScapeは歴史上最も知名度が高く、人気のあるMMORPGの1つである。20年以上にわたって存在し、その間に5億人近くのユーザーを引きつけてきた。2012年、IVPはJagexを約1億5000万ドルで買収し、2016年にはFukongという中国企業が3億5000万ドルで開発会社を買収した。そして2021年、カーライル・グループが5億3000万ドルという破格の金額でJagexを買収した。

元々、この話はゲーム業界ではありえない情報源であるSky Newsが伝えたものだ。

もしこの取引が成立すれば、Jagexは1500億ドル規模のCVC Capital Partnersに完全買収されることになる。同社は、医療機関、スポーツチーム、小売ブランドなどで構成される活発な投資ポートフォリオを持っている。そのポートフォリオにはGaming1やRazerなどゲームブランドもあるが、Jagexの買収はCVCがこの業界で行った最大の投資となる。


関連リンク


買収を繰り返すたびに規模が巨大化していったケースの1つとなっていて、それだけ価値があるとみなされているようですね。そういう意味では期待のハードルも高く、ある意味期待通りでないと困る事になりますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク