ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PSUサイトで、ファイナルファンタジー7リバースのプロデューサー北瀬佳範氏とディレクター浜口直樹氏の独占インタビューが掲載



PSUサイトで、ファイナルファンタジー7リバースのプロデューサー北瀬佳範氏とディレクター浜口直樹氏の独占インタビューが掲載、どのような事について質問をしているのか?というものであって、ファンの気になる事などを伺っているかどうか?


『ファイナルファンタジーVII リバース』の発売まで1ヶ月を切りました。先日、PSUは『リバース』のプレスイベントに参加し、ディレクターの浜口直樹氏とプロデューサーの北瀬佳範氏に独占インタビューする機会を得た。

『ファイナルファンタジー リバース」、そして『ファイナルファンタジー7 リメイク』の制作おめでとうございます。リメイクから学んだことで、『リバース』に取り入れたこと、そしてパート2に取り入れた改善点を教えてください。

『FF7 リバース』ディレクター 浜口直樹

そうですね、ファイナルファンタジーシリーズ全体でも言えることなのですが、ストーリーベースというのが、ファイナルファンタジーシリーズの多くのタイトル、そして『リメイク』にも言えることだと思います。プレイヤーの皆さんからこのような好意的なフィードバックをいただいたことで、私たちはこの分野で素晴らしい仕事ができると確信しました。

ですから、この部分に関しては非常に自信があります。『リバース』では、ストーリーやこの深いストーリー体験、そしてそれをさらに掘り下げていくことは、確実に維持したいことでした。

また、リメイクをプレイしたプレイヤーの中には、ストーリーがとても深くて充実していると感じた人もいたようです。ただ、ゲームプレイの中で選択できることに、自由度が欠けていたかもしれません。そこで、『リバース』ではその点を考慮し、『ファイナルファンタジー7 リバース』をプレイすることで、より深い体験ができるよう、強力なストーリーとキャラクターをさらに作り込みました。

そのうえで、バラエティに富んだ膨大な量のサイドコンテンツと、より拡張された世界観で、プレイヤーの皆さんが自由にゲームを選んでいただけるようなゲーム体験を盛り込んでいます。その意味で、『リバース』のゲームプレイ体験をさらに高めることができたと思います。』

『ファイナルファンタジー7」のオリジナルストーリーはファンから愛されています。リメイク版では、ストーリーの細部にまでこだわった部分があります。例えば、ザックが生きているかもしれないという仮定などです。以前のトレーラーでは、ティファ、バレット、アリエスがミッドガルで亡くなるという代替シナリオのようなものがありましたが、アバランチのメンバーも生き残っている可能性があることがわかりました。

オリジナルストーリーを愛してやまないハードコアファンがいる一方で、リメイク版で初めてこのストーリーを体験する新規ファンも大勢いるので、こうした変更を知らないかもしれません。どのように双方のファンを満足させようとしているのでしょうか?

北瀬佳範プロデューサー

『もちろん、初めて『ファイナルファンタジー7』をプレイされる方にも言えることです。しかし、そのようなプレイヤーだけでなく、オリジナルをプレイしたことがあり、そのストーリーをよく知っているプレイヤーにも言えることです。私は、ゲームプレイや体験がオリジナルとまったく同じであってはならないと強く感じました。そして、リバースならではの新しさが必要です。

リメイクシリーズは3部作です。もちろん、1作目から2作目、そして3作目へと進んでいきます。そして、これらのタイトルがリリースされる間には、そのインターバルがあります。このインターバルと、その間のファンやプレイヤーとのコミュニケーションが、このゲームには欠かせないと思っています。

もちろん、『リメイク』の発売後、ポジティブな反応もたくさんありましたが、同時に、ご指摘のように、もっと違う形でゲームを見たい、あるいは、自分たちが望んでいたようなゲーム展開ではなかったという声もあったかもしれません。

そのように、さまざまな声を聞くことは、それぞれのタイトルを作る上で非常に建設的な議論になると思います。クリエイターとプレイヤーの間で交わされるコミュニケーションは、とても重要で重要なものです。そして、それがクリエイションの助けになると感じています。』

前作はミッドガルドという隔絶された場所が主な舞台でしたが、『リバース』では広大な世界を冒険できるようになっています。『ファイナルファンタジー7』のような豊かな世界観と、冒険を楽しむのに十分なコンテンツの実装はどのように実現されたのでしょうか?プレイヤーはどのようなものを見つけ、何をすることができるのでしょうか?

 『FF7 リバース』ディレクター 浜口直樹

『リバース』のワールドマップは、本編よりもサイドコンテンツが多い構成になっています。プレイヤーが探索を続けたくなるような面白さや興味を維持するために、それぞれの場所のユニークさを活かして、サイドクエストを独自のクエストに発展させたいと考えています。

そういう意味では、それ自体がユニークなミニゲームも用意します。例えば、そのミニゲームを解くために必要なギミックや攻略法を、そのミニゲーム独自のものにする。また、サイドクエストならではのボスや敵も登場させます。

そうすることで、プレイヤーにとって非常に新鮮で新しい体験ができるのです。新しいエリアに旅を続けると、何が待っているんだろう?どんなクエストが待っているのだろう?これは『リバース』の顕著な強みだと思います。

さらに、ワールドマップのさまざまな地域に出かけていくと、能力のような特徴を持ったチョコボに出会います。例えば、草原では、通常のチョコボが登場し、チョコボに乗って移動することで、より速く移動することができます。

しかし、別の地域では、山チョコボのように崖を登ることができるチョコボがいるかもしれません。また、空を飛ぶことができるチョコボもいて、海や海を移動することができる。プレイヤーが使える新しい探検モードがいろいろある。それに加えて、ユニークでバラエティに富んだミニゲームやサイドコンテンツが、探検の新たな感覚と驚きを与え続けています。』

私がプレイしたデモでは、ゲームの中でキャラクターと会話する場面があり、そこで様々なダイアログオプションを選択することができます。どのように返答するかによって、そのキャラクターとの関係に影響が出るのは知っています。

このような場面はメインストーリーに影響するのでしょうか、それともメインシナリオに影響するというより、サイトコンテンツやキャラクターとの関係構築のためにあるのでしょうか?

『FF7 リバース』ディレクター 浜口直樹

『では、キャラクターパラメータのようなものについて。一つはクラウドのようなものを扱う相性、もう一つはキャラクターとその相性です。たとえば、グラスランズのエリアで、クラウドとティファが挑むカードゲーム中心のクエストがあります。このクエストを達成することで、2人の相性を上げることができます。

もうひとつのキャラクターパラメーターは「パーティーレベル」と呼ばれるもの。これはパーティ全体の絆のこと。これはゲーム中、キャラクターがレベルアップすることで上昇します。『リバース』にはキャラクターのスキルツリーがある。キャラクターをレベルアップさせることで、一種の成長要素が増え、新たなシナジー攻撃やシナジーコマンドを覚えることができます。』

召喚獣はファイナルファンタジーの初期からの定番だ。リメイク版では、カーバンクルとキャクターというオリジナルにはなかった召喚獣が登場しました。『リバース』では初めて見る全く新しい召喚獣が登場しますが、一部の召喚獣は予約限定で入手可能で、リヴァイアサンのようにアンロックするには『リメイク』のセーブファイルを持っている必要があります。

この質問の最初の部分は、ゲームを予約しなかったり、リメイク版のセーブファイルを持っていなかったりした場合、ゲーム内でそれらの召喚獣を入手できるのか、ということです。

2つ目の質問は、どの召喚獣をゲームに登場させるか、何を基準に決めているのか、ということです。ゲームに入れるべきだと思うものなのか、ファンの好みで決めるものなのか、それともブレインストーミングで決めるものなのか?

ファイナルファンタジー7で登場した召喚獣、例えばハデスやナイツ・オブ・ザ・ラウンドは復活しますか?

『FF7 リバース』ディレクター 浜口直樹

『では、最初の質問である、現在予約セーブファイルでしか入手できない召喚獣を復活させることができるかという点ですが、どちらも可能です。

そうですね、予約特典とセーブデータファイル特典の両方ですね。今のところ、これらの召喚獣をプレイヤーが所有できる唯一の方法です。プレイヤーのフィードバックでどうなるか見てみたいと思います。

どの召喚獣をゲームに登場させるかについてですが、『ファイナルファンタジー7』の原作がどのようなもので、どのような召喚獣が登場するかは考慮しています。そのため、『ファイナルファンタジー7』の原作で召喚獣がどのように獲得されたかにこだわるようにしています。『リバース』では、ゲームをプレイする上でノスタルジーを感じてもらえるように、それに近づけるようにしています。ただ、新しい召喚獣を登場させて、プレイヤーの皆さんに試してもらいたいという思いもあります。

どのような召喚獣をゲームに登場させるのがいいのか、深く議論しています。

3つ目の『特定の召喚獣が復活するのか、また登場するのか』という質問に対しては、それが実現するのかどうか、期待して待っていてほしいということです。自分の好きな召喚獣が復活するのかどうか、プレイヤーの皆さんには楽しみにしていただきたいと思います。』


関連リンク



リバースの発売まであと1か月を切り、各メディアで色々と話していますね。PSUでは召喚獣の事を主に触れた内容になっており、又サイドクエストがどのようなものかも言及したものですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク