ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

8年目に突入するニンテンドースイッチは世界で最も売れたゲーム機『PS2』を抜き去る事が出来るのか?今年が勝負の分かれ目に



8年目に突入するニンテンドースイッチは世界で最も売れたゲーム機『PS2』を抜き去る事が出来るのか?今年が勝負の分かれ目にとしていて、PS2の場合、PS3の発売が遅れたことと、世代交代があまりうまくいかなかった点がありましたね。


任天堂は直近の決算を発表し、Switchの世界販売台数が1億3936万台を突破したことを明らかにした。

任天堂は今年度第3四半期(2024年3月31日まで)の決算を発表したが、見たところSwitchの売上は止まらないようだ。前四半期、任天堂は全世界でさらに690万台のSwitchを出荷することに成功し、ハイブリッド・プラットフォームの販売台数は1億4000万台に迫っている。この690万台の出荷台数のうち、348万台がSwitch OLEDモデルによるもので、Switch Liteは127万台、『通常の 』Switchは215万台が全世界で出荷された。『販売台数は前年同期比で減少したが、プラットフォームが7年目に入ったことを考慮すると、販売は安定している』と任天堂は決算説明資料で述べている。

Switchファミリーの出荷台数は1億4,000万台に迫っており、このハイブリッド・プラットフォームは来年のうちにPS2の生涯販売台数を上回りそうだ。もしそうなら、任天堂のプラットフォームは来年、史上最も売れたゲーム機になるだろう。

一方、任天堂が今年後半に新型Switchを投入すると予想する向きも多いが、任天堂の古川俊太郎社長は、現行のSwitchは2024年まで任天堂の『メインビジネス』であり続けると述べた。任天堂社長は昨年10月にも似たようなことを言っていたが、その時は2024年3月までは現行のSwitchが同社の中心になると述べていた。

世界的なソフト販売本数については、『ゼルダの伝説ティアーズオブキングダム』が2028万本を記録している。昨年11月には1950万本を売り上げたと報告されており、任天堂は3ヶ月でさらに78万本を売り上げたことになる。一方、発売されたばかりの『スーパーマリオワンダー』はすでに1200万本近く(1196万本)、『スーパーマリオRPG』は314万本を売り上げている。任天堂のSwitchゲームで最も売れているのは依然として『マリオカート8 デラックス』で、現在全世界で6,058万本となっている。


関連リンク



PS2は10年かけて1億5500万台売り切ったので、スイッチが今年出る噂される後継機がある中で本当に抜かせるかというタイミングになるのは間違いないですね。

 [ゲーム]任天堂関連記事

スポンサードリンク