ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

9年振りの新作『Helldivers 2』の発売が数日後に迫り、ライブサービスゲームとしてリリース後に大量のコンテンツを用意している事を明かす



9年振りの新作『Helldivers 2』の発売が数日後に迫り、ライブサービスゲームとしてリリース後に大量のコンテンツを用意している事を明かすとしていて、その大半が無料になる見通しのようで、その辺も説明しているみたいですね。


『Helldivers 2』の発売が数日後に迫り、Arrowhead Game Studiosのシューター・シリーズのファンが9年越しの再開に胸を躍らせているのは当然だろう。オリジナルのゲームは批評的にも商業的にも好調だったが、Arrowheadが新しいキャラクターや武器を有料DLCとして追加し始めたとき、一部のファンはイライラした。『Helldivers 2』はライブサービスのゲームであるため、チームが同じ道を歩み、DLCパックやゲームのバトルパスで新コンテンツを押し付けるのではないかと心配する声もあった。幸いなことに、チームは発売後にかなりの量の無料コンテンツを追加する予定であることが、最近開発者から判明した。

Helldivers 2の発売後サポートに関するニュースは、ゲームの公式Discordからもたらされたもので、そこでArrowheadのゲームディレクターJohan Pilestedt氏は『そうなんだ!私たちは常にゲームに多くのものを追加するつもりです!敵、目的、バイオームなど。敵、目的、バイオームなどなど。』

これが本質的に意味するのは、小さなアップデートの大半は無料になるということだ。残りの新コンテンツは、バトルパスに対するHelldivers 2の回答として追加される。チームはこれをウォーボンドと呼んでおり、プレイヤーに新しいギアを購入する能力を与える。重要なのは、このウォーボンドは決してなくならないということで、プレイヤーは他のライブサービス・ゲームによくあるFOMOに悩まされることはない。

最初のHelldiversで、ロンチ後に追加されたより顕著なものの1つが新しいクラスであったことは注目に値する。Arrowheadはこれらが無料アップデートに該当するのか、それともWarbondsに該当するのかまだ明らかにしていないが、もしチームがHelldivers 2は有料ではないという信条を貫くのであれば、無料であることは理にかなっているだろう。現時点では、Arrowheadが正式に発表するまで待つしかないだろう。

前述の通り、Helldivers 2の発売日はもうすぐだ。Arrowheadの最新作は2月8日にPlayStation 5とPCで正式に発売される。ここまでの道のりは長かった。Helldivers 2は2023年に発売されるというアナウンストレーラーが流れた後、昨年10月に発売されるのではないかという噂が昨年夏に流れ始めた。明らかに、それは希望的観測であることが判明し、ゲームは現在のリリース日に少し延期された。

幸いなことに、『Helldivers 2』がプレイヤーの手に渡るまであと数日しかないため、2度目の延期を心配する段階は過ぎている。願わくば、チームがロンチを成功させ、今後数年間はゲームが稼働し続けるような質の高いライブサービス体験を提供できることを願っている。


関連リンク



PS5とPCでリリースされて、どれだけの支持を集められるかという話になってきそうですが、その辺を含めてライブサービスゲームとして本当に成功するかどうかですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク