ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

Xbox Game Studiosと343 Industriesの『Halo』シリーズの次回作は、『すべてのプレイヤーに、すべてのプラットフォームで』提供されるらしい



Xbox Game Studiosと343 Industriesの『Halo』シリーズの次回作は、『すべてのプレイヤーに、すべてのプラットフォームで』提供されるらしいとしていて、次々と惜しげもなくソフトが本当に展開されるのかどうか?という話ですね。


Xbox Game Studiosと343 Industriesの『Halo』シリーズの次回作は、『すべてのプレイヤーに、すべてのプラットフォームで』提供される。

343インダストリーズのリード・ゲーム・システム・デザイナーの求人情報によると、Haloシリーズの次回作は『すべてのプレイヤーに、すべてのプラットフォームで』提供される。募集要項には、新入社員は明確な設計目標と成果物を設定し、システム設計チームを全プラットフォームで全プレイヤーに高品質でまとまりのある体験を提供することに集中させると記載されている。

全プレイヤー、全プラットフォームという表現が、『Halo』の次回作がPS5やNintendo Switch 2で発売されることを意味するのかどうかは誰にもわからないが、特にXboxがサードパーティ化を検討している可能性を示す最近の噂の後では、この表現はかなり興味深い。

ゲーム愛好家フォーラムNeoGAFのSneakersSOという名前のインサイダーは、Xboxがサードパーティ化を検討していると主張していたが、Windows CentralのJez Cordenは火のないところに煙は立たないとほのめかしている。このインサイダーによると、『Hi-fi Rush』は競合プラットフォームに移植されるXboxのファーストパーティタイトルのひとつだが、それだけではないという。彼らは、マイクロソフトがPS5とNintendo Switch 2の両方に移植する可能性のある、Xboxのもう一つの主要タイトル『Starfield』について言及した。また、いずれはこれらのゲームがすべてのプラットフォームで初日にリリースされるのが当たり前になるだろうと付け加えた。

『Halo Infinite』がPS5でリリースされる可能性について、このインサイダーは、その可能性は一部の人が想定しているほど遠い話ではないと述べた。個人的には『Halo Infinite』の場合、そうなるとは考えていないが、『Halo』の次回作がマルチプラットフォームになるとは考えているとのこと。彼らによると、PlayStationでゲームを出荷する際に日常的に使用されているエンジン、つまりUnreal Engineに切り替えることで、その戦略転換が容易になるとのことです。


関連リンク



XBOXの象徴でもあるHALOも次回作はマルチプラットフォームになるとしていて、これは大きな発言といえそうですね。突然始まったこの話は、何処までが本当なのかといえますね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク