ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PSプラスPCGamesNが行った調査によると、Epic Games Storeは2018年以降、10,000ドル以上の無料ゲームを配布してきたとアピールへ

;

PSプラスPCGamesNが行った調査によると、Epic Games Storeは2018年以降、10,000ドル以上の無料ゲームを配布してきたとアピールへとしていて、PSプラスやゲームパスと比べてどうなのかという意味合いも触れた内容ですね。



PCGamesNが行った調査によると、Epic Games Storeは2018年以降、10,000ドル以上の無料ゲームを配布している。同サイトによると、『Death Stranding』のように2回提供されたタイトルも考慮すると、オンライン配信業者は過去6年間で実に393種類のゲームをユーザーに提供してきたことになる。これらの無料配布の合計は、提供された情報によると、ちょうど10,110ドルまたは7,950ポンドになる。

Epic Gamesが開発したオンラインストアフロントは、過去5年間、毎週無料タイトルを配布しており、この膨大な数につながった。ホリデーシーズンには、Epicは毎日ユーザーに無料タイトルを提供し、これらのプレゼントの頻度はさらに増えます。最近のホリデーシーズンでは、『Marvel's Guardians of the Galaxy』が、プレイヤーが無償で受け取った17タイトルの最後の無料ゲームとなりました。

Epicの無料ゲーム配布の大きな利点は、その種類の豊富さです。『Grand Theft Auto 5』、『Arkham Trilogy』、『Control』、『Tomb Raider』のようなAAAタイトルから、プラットフォームが提供される小規模のインディーズゲームまで、このストアはあらゆるプレイヤーに何かを提供している。もちろん、Steamのような他のオンライン配信業者も時々無料タイトルを配信しているが、PS PlusやXbox Game Passのような定額制サービスに近いEpicの頻度にはかなわない。

しかし、PlayStation Plusプレミアムに160ドル、ゲームパスアルティメットに180ドル支払う一方で、Epic Games Storeは無料であることを考えると、オンライン配信はかなり充実している。今なら。インディーズパズル脱出ゲーム『Doors: Paradox』がEpicの今週の無料作品だ。このオンラインストアが今後も素晴らしいタイトルを無料で提供し続けてくれることを期待したい。


関連リンク



EPICゲームストアの投資はものすごいものである事が明らかになった中、他の有料サービスを展開しているPSやXBOXと違い、それを得る権利は無料なのは大きなアドバンテージですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク