ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

ファイナルファンタジー7リバースが発売間近に迫ってきた中、ティファロックハートを演じたブリットバロン氏が『オープンマインド』でをアピール



ファイナルファンタジー7リバースが発売間近に迫ってきた中、ティファロックハートを演じたブリットバロン氏が『オープンマインド』でをアピールへとしていて、どのような発言をしていて、どんな結末になるのかという所ですね。


『ファイナルファンタジーVII リバース』の発売まであと数週間と迫ったスクウェア・エニックスのRPGは、今年最も期待されているゲームのひとつかもしれない。ファンはファイナルファンタジーVIIのリメイク3部作の次の章がどのように展開されるかを非常に楽しみにしており、1997年のオリジナル版から大きく逸脱する可能性が示唆されているため、シナリオに対する不安も少しある。スクウェア・エニックスはパブリッシャーの公式サイトで、ティファ・ロックハート役を演じる女優のブリット・バロン氏への新しいインタビューを公開した。ファンに伝えたいメッセージについて尋ねられたバロン氏は、オープンマインドでいることを求めた。

『ファンへのメッセージは・・・ああ、もう、どこまでネタバレしていいのやら・・・』とバロン氏はつぶやいた。『ファンへのメッセージは、ワクワクすること、オープンマインドでいること、本当に楽しいサプライズがあると思うし、みんながハッピーになるような素晴らしいファンサービスもあると思うから。期待しているよ。』

『ファイナルファンタジーVII』は史上最高のビデオゲームのひとつとされ、ティファのようなキャラクターは世界中でファンの人気者となっている。バロン氏が『リバース』に対するファンの反応や、ゲームのシナリオに起こりうる変化について少し神経質になるのも無理はない。ゲームの核となるイベントがどの程度変更されるかはわからないが、ザックやビッグスのような以前は死んでいたキャラクターが活躍することになるなど、かなり大きな変更があることはすでにわかっている。

愛されたビデオゲームをリメイクするのは、常に困難なことだ。一方では、クリエイターはオリジナルのゲームの核心に忠実であり続け、長年のファンを満足させなければならないし、一方では、新しい観客にアピールする方法を見つけなければならない。多くの期待があり、バロン氏はスクウェア・エニックスに、ティファに命を吹き込む最大の挑戦はそれだったと語る。

『ファンを正当に評価し、役者として、またディレクターたちと共に、自分自身の選択に頼るという点で、自分自身を正当に評価し、ナビゲートすることが、大きな歴史を持つゲームと、完全な新規IPの一部であることの、楽しいバランス感覚なんだ』とバロン氏は語った。

『ファイナルファンタジーVII リバース』の開発チームが着地点を固めることができたかどうか、ファンはそれほど長く待つ必要はないだろう。もちろん、『ファイナルファンタジーVII リバース』は『ファイナルファンタジーVII リメイク』3部作の第2章に過ぎないため、これで物語が終わるわけではない。現時点では、スクウェア・エニックスは1997年のゲームからいくつかのイベントを移動させ、それらの瞬間が3作目のゲームに登場することは分かっているが、『リバース』の次のゲームについての詳細は非常に限られている。


関連リンク



オープンマインドでとしていて、何が起こるやらという話になりそうですね。筋書通りなのか、追加や変更があるのかなど、どのように展開する作品になるか注目度は高いですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク