ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

12年ぶりの新作となる『ドラゴンズドグマ2』はPS5とXSXにおいて、30フレームが上限であるかのように示唆されていたものは、それは間違いである可能性が濃厚に



12年ぶりの新作となる『ドラゴンズドグマ2』はPS5とXSXにおいて、30フレームが上限であるかのように示唆されていたものは、それは間違いである可能性が濃厚に、その内容とは?としていて、どのような話が伝わっているのかですね。


先週からドラゴンズドグマ2ファンは、待望の続編がコンソール版では30fpsに制限されるのではないかと危惧している。3月に手元に届くまで、これを決定的に否定する方法はないが、これが事実であるという『証拠』の多くはフェイクであり、証明には程遠いということは言える。

実際、PlayStationのショーケース『State of Play』で公開された最新のゲームプレイトレーラーが、『ドラゴンズドグマ2』が30fpsを超えることを証明していると、多くのファンが期待を寄せている。今回公開されたゲームプレイトレーラーには、PlayStation 5で撮影された映像が使用されており、これを見る限り、30fpsが上限ではないことは確かだ。確かに、フレームレートの低下が目立つ瞬間はあるが、ネットで広まっている噂とはかけ離れている。

最新のゲームプレイトレーラーは以下から。これがPS5での発売時のゲームプレイを正確に描写したものだとすれば、30fpsよりも明らかにスムーズだ。

残念ながら、特に大きな敵が画面に登場したり、一度にたくさんのことが起きたりすると、戦闘シーンの一部にディップが見られる。そのため、完全に安定した体験とは言えないかもしれないが、30にとどまることはなさそうだ。

PCでのパフォーマンスについては、Steamのページで推奨スペックが公開されている。少なくとも現時点では、1080p/30fpsと2160i/30fpsのスペックしか示されていないため、一部のファンは恐れている。しかし、これが限界だとは書かれておらず、そのパフォーマンスを達成するために必要なものが示されているだけだ。カプコンが60fpsを快適に達成するために必要なものを示すために更新するかどうかに注目する必要があるだろう。

最新トレーラーが公開される前、IGN Japanのプレビューによると、このゲームは30fpsが上限だとも言われていた。しかし、これも事実ではなく、このことについては一切触れられていない。オリジナルのゲームと同じように、セーブファイルは1つだけなので、1つのシステムで2つのプレイスルーを実行するのは設定が面倒になるだろう、とは書いてあった。

いずれにせよ、ドラゴンズドグマ2が3月22日に発売されれば、何が起きているのかがわかるだろう。シリーズ1作目から12年後の発売となるため、ファンはこの続編を待ち望んでいた。PC、XboxシリーズX/S、プレイステーション5で発売される。


関連リンク





30フレームが限界ではないようで、その辺はムービーからも垣間見れるとしていますね。しかし、可変フレームレートになるのか、それともどのような処理をするかはわからないですね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク