ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

新たなショーランナーを迎え、新たなキャストが加わった『Halo』第2シーズンで、マスター・チーフ本人であるパブロ・シュレイバー氏にインタビュー



新たなショーランナーを迎え、新たなキャストが加わった『Halo』第2シーズンで、マスター・チーフ本人であるパブロ・シュレイバー氏にインタビューとしていて、どのような事を語っているのかというのはファンなら気になる所ですね。


新たなショーランナーを迎え、新たなキャストが加わった『Halo』第2シーズンで、ファンは再び『Halo』の世界に足を踏み入れることができるだろう。番組はまた、2回目の放送に向けてよりシビアなトーンへのシフトを予告しており、シーズン2の序盤でフランチャイズのスターであるマスターチーフが絡むある戦闘シーンは、そのシフトを体現している。ComicBook.comは、マスター・チーフ本人であるパブロ・シュレイバー氏に、そのシークエンスについて、そしてその戦闘がマスター・チーフだけでなく、番組の新しい展望全般の基調となっているのかについて話を聞く機会を得た。

『その通りだ。シーズン1からシーズン2へのトーン・シフトは非常にわかりやすいもので、チーフがチーフらしいことをするところからシーズンをスタートさせることが本当に重要だったと思う』とシュライバー氏は語った。『そして、シーズンを通してどのようなトーンシフトになるのか、その厳しさと暗さを体験できる状況で彼を見ることができた。』

『霧の中での戦いのシークエンスがある。何が起こっているのかよくわからない。何が起こっているのかよく見えない。アクションシーンはすべて、より主観的な視点から語られる。撮影方法は、より手持ちで、よりキャラクターの立場に近い。だから、登場人物と一緒にいるような感覚になる。より即時的で、より直接的に感じられる。より危険な感じがする。』

『そしてそれは、『Halo』の世界で今起こっていることの増幅であり、反映なんだ。人類は劣勢に立たされ、コヴナントとの戦争に惨敗し、すべてが・・・。誰もが大きなプレッシャーにさらされていて、互いに疑問を抱くようになっている。人々は権威に疑問を抱くようになっている』とシュライバー氏は語った。

マスター・チーフのチームからも疑問の声が上がっているが、彼もそれを責めることはできない。『シルバーチームは僻地の惑星で、自分たちには資格がないと思っている仕事をしている。だから彼らはチーフを見て、『一体何が起こっているんだ?』

『シーズン2では、マスターチーフのジョン-117がエリート・スパルタンを率いて、コヴナントというエイリアンの脅威に立ち向かう。荒涼とした惑星で起きた衝撃的な出来事の後、ジョンは自分の戦争が変わろうとしているという予感を拭い去ることができず、誰も信じないこと、つまりコヴナントが人類最大の砦を攻撃する準備をしていることを証明するためにすべてを賭ける。銀河系が危機に瀕する中、ジョンは人類の救済、あるいは滅亡への鍵、『ヘイロー』を探す旅に出る。』

『Halo』シーズン2は2月8日にParamount+でプレミア放送される。


関連リンク



まもなくシーズン2の放映がパラマウント独占で実施されるHALOの海外ドラマですが、人気はどれだけあるのかという話にもなりますね。XBOXファンは期待が高いでしょうからそのハードルを越えるか?

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク