ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

インソムニアック・ゲームズの開発チームのメンバーは、『Marvel's Spider-Man 2』のアップデートが行われないことで、オンライン上で受けている罵倒に対して対応せざる得ない状況に



インソムニアック・ゲームズの開発チームのメンバーは、『Marvel's Spider-Man 2』のアップデートが行われないことで、オンライン上で受けている罵倒に対して対応せざる得ない状況にとしていて、どのような出来事が起こっているのかですね。


インソムニアック・ゲームズの開発チームのメンバーは、『Marvel's Spider-Man 2』のアップデートが行われないことで、オンライン上で受けている罵倒に対して発言せざるを得なくなっている。この問題は、上級シニアコミュニティマネージャーのアーロン・ジェイソン・エスピノザ氏がツイートしたものだ。『ゲーム開発のことでゲーム開発者に暴力的な脅迫を送るのは、子供じみていて、まさに『ファッキン』ばかげたことだ』。

ディレクターのジェームス・スティーブンソン氏はこの投稿を取り上げ、こう付け加えた。『私たちは、あなたがアップデートや情報を求めていることを知っています。私たちのチームが直面している異常な状況を考慮し、できる限り早く皆さんに情報をお届けできるよう取り組んでいます』。これは、昨年末に起きたインソムニアック・ゲームズのハッキング事件に関するものだろう。

インソムニアック・ゲームズは昨年、New Game+、時間帯変更オプション、リプレイ・ミッション機能、テンドリル・カスタマイズを含むPS5向けの重要なパッチに取り組んでいることを確認した。アップデートは『2024年初頭』に延期され、開発会社は『よ
り多くのテスト』を実施できるようになった。声明はこう続く。『その間、私たちのチームが『Marvel's Spider-Man 2』の次のアップデートを完成させるために取り組んでいる間、皆様の忍耐に感謝します!』。残念なことに、一部のファンは忍耐を失い、PS5独占配信を実現させた関係者に罵詈雑言を浴びせるに至ったようだ。

メアリー=ジェーン・ワトソンのフェイスモデルであるステファニー・タイラー・ジョーンズ氏が先月嫌がらせを受けたように、『Marvel's Spider-Man』コミュニティの一部のメンバーがゲームのクリエイターに罵声を浴びせたのは今回が初めてではない。彼女は 『スパイダーマンのファン 』に宛てた声明の中で、次のように述べている。『週末、一部のフォロワーが境界線を越えました。ある人は私の職場に電話をかけ、私と話したいと何度もボイスメールを残し、折り返し電話をするよう要求してきましたが、これは容認できず、ストーカー行為とみなされます。』


関連リンク



熱狂的なファンだからこそ、過激な行動に出るのか、単なる憂さ晴らしなのかといえそうで、どちらにせよマナーの欠片もないですね。海外のゲーマーなので、その辺は日本人とは違う部分がありますね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク