ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

アップルの新ヘッドセット「Apple Vision Pro」が、3500ドル(約51万円)でまもなく発売開始へ



アップルの新ヘッドセット「Apple Vision Pro」が、3500ドル(約51万円)でまもなく発売開始へとしていて、売れるのか?という話ですが、昨日のニュース番組を見たら、売れに売れている状況のようですね。


アップルの新ヘッドセット「Apple Vision Pro」が、3500ドル(約51万円)でまもなく発売開始される。開発に10年以上の期間を要した、大きな期待が寄せられている高額商品だ。

この複合現実ヘッドセットの最低価格モデルはストレージ256GBで3500ドル。512GBと1TBのモデルはそれぞれ3700ドルと3900ドルとなえる。

購入者は、ヘッドセットがベストフィットするようにiPhoneまたはiPadを使って頭部のスキャンを行う必要がある。老眼用や度付きのレンズも利用可能で、それぞれ99ドルと149ドルで提供される。

アナリストのミンチー・クオは、アップルは予約期間の最初の週末だけで16~18万台のVision Proを販売したと予想している。ただしコアなファンとヘビーユーザーが購入した後は、需要が減少するだろうともブログで指摘している。


Vision Proでは、ユーザーがエンターテインメントや仕事アプリを利用して、画面と対話しながら、周囲にあるリアル空間を見ることもできる。

ヘッドセットのディスプレイはそれぞれの目に4Kテレビ以上のピクセルが使用されており、Disney+やアマゾンのPrime Videoといったストリーミングサービスを簡単に楽しむことはできるが、Netflix、SpotifyおよびYouTubeは発売時点ではサポートされていない。

Vision Proのバッテリーパックは最大2時間持続し、USB-Cケーブルを通じてヘッドセットと接続される。

米国労働統計局のデータによると、Vision Proの最低価格である3500ドルは、米国人給与の中央値の3週間分に相当する。

Vision ProはメタのヘッドセットであるMeta Questシリーズの直接的なライバルとなる。価格はそれぞれMeta Quest Proが999ドル、Meta Quest 3が499ドルだ。メタは2月2日、Meta Questが空間ビデオの再生に対応したことを発表した。空間ビデオは、iPhone 15 ProまたはPro Maxで撮影したステレオビデオをVision Proにアップロードして再生できるとアップルが宣伝している機能だ。

アップルはこの新ヘッドセットを、完全な仮想現実と拡張現実(リアル世界に仮想画面を重ねる)の中間となる機能を提供する「空間コンピューティング」デバイスであると説明している。昨年6月に発表されたVision Proは、予想されるiPhone出荷台数の減少を補う新たな収入源をアップルにもたらすだろう。

ブルームバーグによると、UBSグループのアナリストであるデビッド・ヴォートは、今年、アップルが30万~40万台のVision Proを販売し、最大14億ドル(約2000億円)の収益を上げると予想している。


関連リンク



昨日たまたまテレ東の夜10時の経済番組をつけてたら、この話題になって、飛ぶように売れているようですね。お金を持つ人持たない人の二極化が世界的な情勢になっていて、日本も例外ではないですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク