ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

米のdata.aiは、オープンワールドRPG『原神』への消費者支出が推定50億ドルに達し、もっとも利益を上げたタイトルの1つとしてさらに確固たる地位を築いたと発表



米のdata.aiは、オープンワールドRPG『原神』への消費者支出が推定50億ドルに達し、もっとも利益を上げたタイトルの1つとしてさらに確固たる地位を築いたと発表としていて、この作品に敵う日本のスマホゲーはあるのかといえばわずかでしょうね。


米のdata.aiは、オープンワールドRPG『原神』への消費者支出が推定50億ドルに達し、もっとも利益を上げたタイトルの1つとしてさらに確固たる地位を築いたと発表しました。

この数字はApp StoreとGoogle Play経由でのデータに基づいており、Androidのサードパーティのアプリストアのデータは含まれていませんが、iOS版のみでも中国において約15億ドルを売り上げ、全体の約30%を占めています。次いで第2位は日本の約10億6,000万ドル(約21%)、第3位は米の9億300万ドル(約18%)となっています。

同社によるとApp StoreとGoogle Playの合計で利益が50億ドルを突破したモバイルゲームは現時点で13タイトル確認されており、2020年9月のリリースから40カ月でその大台に到達した『原神』はモバイルゲームとしては最速を記録。

2番目は『クラッシュ・オブ・クラン』で51か月、3番目は『モンスターストライク』の52カ月と続き、直近で50億ドルを達成したのはリリースして91カ月目の『ガーデンスケイプ』です。他には『Fate/Grand Order』、『ポケモンGO』、『パズル&ドラゴンズ』など日本のタイトルも多く見られます。


関連リンク



原神の快進撃は止まらないですね。ゼルダを模倣したと言われながらもここまで作り上げる企業の資金力と体力、開発力は日本のメーカーは真似できない次元に達していて、認めざる得ないですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク