ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5PROの新たなる噂、Zen 2アーキテクチャに基づく8コア、16スレッドのCPUを持つだろうと指摘、更なる追加情報も紹介!



PS5PROの新たなる噂、Zen 2アーキテクチャに基づく8コア、16スレッドのCPUを持つだろうと指摘、更なる追加情報も紹介!としていて、どのような話になっているのかという所が気になりますね。


Sonyの強化されたPlayStation 5 Proは、リーク師のMoore's Law is Deadからの噂に対していくつかの確証を得ており、彼は、我々は実際にAMDの前世代Zen 2アーキテクチャに基づく8コア、16スレッドのCPUを持つだろうと言っている。

昨年末の以前の噂では、PlayStation 5 Proに搭載されているアップグレードされた『Viola』SoCがCPUを4.4 GHzまで向上させると聞いていたが、Moore's Law is Deadはそれを確認していないが、それを見ても驚かないと言った。以前、PS5 Proに搭載されているCPUは、コアあたり64 KBのL1キャッシュ、コアあたり512 KBのL2キャッシュ、8 MBのL3共有キャッシュ(CCXあたり4 MB)を備えていると聞いていたが、MLIDはTSMCの4 nmプロセスノードで作られると言っている。

伝えられるところによると、Sonyのより強力なPlayStation 5 Proコンソールは、60 CU(計算ユニット)のフルダイを享受しており、MLIDは、最終的なPS5 Pro製品では56 CUまで無効にする『現在の計画』であると言っている。同社は、576 GB/秒のメモリ帯域幅を提供する256ビットメモリバス上で16 GBのGDDR6 18 Gbpsを使用するが、通常のPS5Pro以外のコンソール内で使用される14 Gbpsメモリから、MLIDを追加して最大20 Gbpsに引き上げることができる。

PlayStation 5 Pro内部のGPUアーキテクチャは事実上RDNA 3であり、AMDがRadeon RX 7000シリーズデスクトップGPUに注入したものとは正確には異なるが、GPUアーキテクチャの多くを共有しているため、Radeon RX 7000シリーズの一種のGPUと見なすことができることを覚えておいてほしい。

より高速なGPUクロックとより多くのメモリ帯域幅により、全体的にパフォーマンスがかなり改善されるはずです.特に高FPSゲームでは、ゲームパッケージに『PS5 Pro』ステッカーを貼って最低60 FPSまたは平均120 FPSを確保し、オンライン写真は、これが『PS5 Pro』ゲームであり、保証された60 FPSで任意の解像度(1080p、1440p、4K)で実行できることを通知します。

それだけでなく、AIを利用したアップスケーリングの使用とレイトレーシング効果は、PS5 Pro内のより強力なGPUを享受することになる。AMDは以前の噂でPS5 ProにNPU(Neural Processing Unit)を搭載していると報じられていたが、MLIDはPS5 Pro内にNPU関連のものがあることをまだ確認できていないが、その可能性を排除していない。私たちはそれを見ると思いますし、ソニーはそれで何か面白いことをすると思います。

伝えられるところによると、PlayStation 5 Proのシリコン自体は約1年前にテープアウトされ、その後Sonyが強化されたPS5 Proコンソールを発売するかどうかを決定する間に『脇に置いた』という。SonyはPlayStation 5 Proに完全に固定されているわけではないが、シリコンはAMDから待っている(そしてTSMCで製造されている。)


関連リンク



PS5PROの話も具体的になってきていて、いつ頃リリースされるのかという段階に近づいてきているようですね。2024年には出るのか、来年になるのかという話ですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク