ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

PS5『ファイナルファンタジー7リバース』はあえてアンリアルエンジン4で開発される、その訳とは?



PS5『ファイナルファンタジー7リバース』はあえてアンリアルエンジン4で開発される、その訳とは?としていて、今なら5が主流になりつつありますが、そんな中で4を選んだ理由があるとしていて、その辺を浜口直樹氏が語っていますね。


『ファイナルファンタジーVII リバース』はアンリアル・エンジン4を搭載していますが、Epic社の旧バージョンのエンジンを採用することは、開発当初から決定されていました。

Genki on X/Twitter が伝えた Julien Chièze 氏との最近のインタビューに答えたゲームディレクターの浜口直樹氏は、Unreal Engine 4 について、3部作の2作目に使用することは開発当初から決定していたとコメントしました。アンリアル・エンジン5は魅力的であったと浜口さんは述べましたが、エンジンのいくつかの部分はまだ開発中であったため、開発者たちは、準備が整うのを待つ代わりに、これらの機能を自分たちで開発し、より早くゲームをリリースするために旧バージョンのエンジンを使用することを決定したそうです。

『ファイナルファンタジーVII リバース』の出来映えが素晴らしく、前作からわずか4年でリリースされたことを考えれば、シリーズのファンが浜口直樹氏の決定した方向性を高く評価することは間違いないでしょう。しかし、アンリアル・エンジン 5の開発が当初のリリースから重要な進歩を遂げているため、開発チームが3部作の最後となる第3弾に移行しても不思議ではありません。

『ファイナルファンタジーVII リバース』のエンディングが曖昧なものになることを考えると、リメイクプロジェクトの終結を待つのは間違いなく大変なことでしょう。このようなエンディングにしたのは、原作ファンを次回作でどのように物語が続くのか気にさせるためだ。


関連リンク



開発効率を考えてあえて4を採用したとしていて、制作期間の短縮に一役買ったようですね。3部作の最後はどうなるのかといえそうですが、とりあえずリバースの完成度に注目ですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク