ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

マイクロソフトが発表した約1,900人規模のレイオフよって開発中止となった新作サバイバルゲームについて、レイオフされた元スタッフからいくつかの証言が挙がる、その内容とは?



マイクロソフトが発表した約1,900人規模のレイオフよって開発中止となった新作サバイバルゲームについて、レイオフされた元スタッフからいくつかの証言が挙がる、その内容とは?としていて、どのような逸話があるのかという話ですね。


今日未明にマイクロソフトが発表した約1,900人規模のレイオフよって開発中止となった新作サバイバルゲームについて、レイオフされた元スタッフからいくつかの証言が挙がっています。

買収合意後初めて発表された作品だった…
未発表サバイバルゲームは、2022年にBlizzard Entertainmentよりプロジェクトが発表されました。『ディアブロ』や『オーバーウォッチ』などとは異なる世界設定の新作として開発が進められており、開発スタッフの募集が行われていました。正式発表はされていませんでしたが、マイクロソフトとActivision Blizzardの買収合意後初めて発表されたタイトルでした。

海外メディア・PC Gamerによれば、本作の開発は2022年7月の時点で5年を迎えていたため、2024年1月現在はおよそ6年半の間開発が行われていたことになります。発表自体がスタッフ募集を兼ねたものであり、まだ正式発表ではなかったため、どの程度開発が進んでいたかは不明です。

開発が極めて難航していて、社内の評判も悪かったのかというと、意外にもそうではなかったそうです。発表当時本作に関わっているクリエイターの多くが「素晴らしい」「めちゃくちゃクール」「絶対ロックなものになる。待ちきれない!」などと称賛しており、社内での評判はかなり良かったようです。それだけに、非常に惜しい結末をたどることとなってしまいました。

PC Gamerは、このサバイバルゲームを開発していたスタッフは、長く作っていたゲームが日の目を見ないまま退職するという事態に陥っていると指摘します。ゲーム開発の求人ではリリース済みゲームの数や経験が条件になっていることが多いそうですが、同作に関わっていたスタッフはそれを記載できず公にも口にできないまま退職となってしまいます。

海外のゲーム会社やハイテク企業では昨年よりレイオフが相次いでおり、日に日に問題視されています。昨年末のThe Game Awards 2023の会場の外では、ゲーム開発者にとっては最悪の1年であり、組合設立を求める旨の主張を行うデモも行われていました。


関連リンク



社内で評価が高かったというタイトルをキャンセルするとはやはり外資系のドライなリストラと言わざる得ない部分がありますね。日本のメーカーならプロジェクトを温存しそうですがさすがは海外ですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク