ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

NexonのWarhavenが今年中に閉鎖されることが明らかに、その訳とは?



NexonのWarhavenが今年中に閉鎖されることが明らかに、その訳とは?としていて、要はうまくいかなかったということのようですが、期待は大きかったようなので何がダメだったのかという話になりそうですね。


NexonのWarhavenが今年中に閉鎖されることが明らかになった。Warhavenの残念なニュースは、9月に早期アクセス段階を開始してからわずか4ヶ月後のことだ。

この中世ファンタジーのPvPゲームは早くから一部のファンの注目を集めており、彼らはWarhavenが2023年にこの種のゲームで最高のゲームのひとつになる可能性があると信じていた。そのハック&スラッシュ戦闘はこのジャンルにユニークなアプローチをもたらし、『Chivalry』や『For Honor』のような近接戦闘に特化した他の中世ゲームとは重要な点で異なっていた。その戦闘メカニクスは競合他社よりもシンプルかつ直感的で、初心者に優しい体験をもたらすと同時に、ニュアンスに富んだテクニックによって高いスキルの上限を提供していた。しかし、リリース後、Warhavenは軌道に乗ることなく、Steamでの評価は58%にとどまっている。最近、ネクソンはこのゲームに関するおそらく最後の発表を行った。

Nexonは4月5日にウォーヘブンを閉鎖し、バトルパスの販売を停止すると発表した。SteamにおけるWarhavenのプレイヤー数は最初のピークから着実に減少しており、1月のピーク時にはわずか314人だった。中世の乱戦ファンの多くはすでにこのゲームから離れてしまったが、『Warhaven』がいずれ楽しめる状態に改善されることを期待していた人もいただろうから、これは残念なニュースだろう。Warhavenを開発したNexonの子会社であるNexon Koreaは、代わりに最近リリースされた都市建設と戦闘を特徴とするモバイルゲームであるDynasty Warriors Mや、人気のあるMapleStoryの世界を舞台としたMMORPGであるMapleStory Nのような他のプロジェクトに集中することになるだろう。

以前、Nexonは10月にWarhavenのシーズン1前コンテンツをリリースした際、ゲームの将来についてかなり強固な計画を持っているようだった。このコンテンツには、Soulsdance Festivalイベント、新スキン、コンペティションモードが含まれていた。しかし、Warhavenの平均プレイヤー数は9月の約4,500人から10月には約1,300人に減少したため、このアップデートはユーザーの注目を集めることができなかったようだ。

このゲームでは、Warhavenのキャラクターの伝承に重点を置いていた。各プレイアブル・キャラクターには、なぜ戦うことにしたのかを説明する膨大なバックストーリーが与えられていた。おそらくこれは、プレイヤーが選んだヒーローを理解し、感情移入しやすくするために行われたのだろうが、どうやらこれもWarhavenのもうひとつの側面であり、結局は定着しなかったようだ。

新しいゲームを探している元Warhavenファンは、市場で最高の中世近接格闘ゲームのリストをチェックするといいだろう。似たようなタイトルには『Chivalry 2』、『Mordhau』などがある。


関連リンク



今の時代、当たり外れが大きくなってしまいましたから、このような出来事も起こってしまいますね。昔ならうまくいっていたかもしれないものまで埋もれてしまう可能性がありますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク