ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

DLSSに対応した最新タイトル、龍が如く8、鉄拳8、Enshrouded、Suicide Squad: Kill the Justice Leagueがどのように活用されているか紹介!



DLSSに対応した最新タイトル、龍が如く8、鉄拳8、Enshrouded、Suicide Squad: Kill the Justice Leagueがどのように活用されているか紹介!としていて、その辺は映像を見ると理解出来るものになっているのかどうかという話といえますね。


先週、大ヒットしたパルワールドは、GeForce RTX所有者のパフォーマンスを向上させるため、アーリーアクセスPC版のローンチに際してDLSSサポートを追加した。数日という短い期間でこのゲームが異常な人気を博したことを考えると、DLSS 2またはDLSS 3サポートを追加した今週のゲームリストに飛び込む前に、このことを再確認しておく価値があるだろう。

見出しのタイトルは『龍が如く8』だ。 セガの『龍が如く』シリーズ最新作であり、ターン制RPGの戦闘と現代日本を舞台にした壮大な物語をミックスさせた『龍が如く7』の続編でもある。本作では、ハワイが舞台となり、オリジナルをヒットさせた楽しくファンタスティックなメカニックがさらにパワーアップしている。発売は1月26日で、DLSS 3に対応している。

次に紹介するのは『Enshrouded』で、DLSS 2 Super Resolutionを搭載したPC版が発売中だ。『最大16人までの協力型サバイバルアクションRPG』と説明されているこの作品は、アーリーアクセスを開始し、DLSS 3により、最大設定で『4Kで平均93%』フレームレートが向上しています。EnshroudedのDLSSビデオは以下をご覧ください。

今週末に発売されるもう1つのゲームは、フランチャイズのビジュアル忠実度を新たな高みに押し上げる期待のファイター、鉄拳8です。このゲームは1月26日に発売され、初日からDLSS 2に対応しているので、格闘ファンはこのジャンルにとって重要な60FPSを確実に維持することができる。

今週の最後を飾るのは『Suicide Squad: Kill the Justice League』 は、2月2日に発売されるRocksteadyのバットマン アーカム待望の続編だ。というのも、このゲームはLive Serviceの仕組みとマイクロトランザクションを使ったCo-opの略奪シューターだからだ。とはいえ、レイトレース反射とNVIDIA DLSS Super Resolution(DLAA付き)でPCで発売されるので、少なくとも見栄えはいいだろう。


関連リンク








いずれもDLSSを活用していて、ゲームのクオリティアップに一役買っているみたいですね。その辺はどのような映像美が見られるかというのはチェックしておきたい所といえますね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク