ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

絶賛された捜査FMVアドベンチャー『Immortality』、『Telling Lies』、『Her Story』の開発者Sam Barlow氏が2本の新作ホラータイトルを開発中だと発表、その概要とは?



絶賛された捜査FMVアドベンチャー『Immortality』、『Telling Lies』、『Her Story』の開発者Sam Barlow氏が2本の新作ホラータイトルを開発中だと発表、その概要とは?としていて、その辺はどのようなアピールをしているのかという話ですね。


絶賛された捜査FMVアドベンチャー『Immortality』、『Telling Lies』、『Her Story』の開発者Sam Barlow氏が2本の新作ホラータイトルを開発中だと発表した。『 Silent Hill: Shattered Memoriesをプレイしたことがある』オールドスクールバーロウファンのためのものだという。

彼のHalf-Mermaidスタジオで開発されるBarlow氏の次の2つのプロジェクトのリストは、当初Steamで公開された。しかし、Immortalityの最初の予告の場合と同様に、どちらのページもかなり編集されており、読みやすいテキストの断片と、うっすらとしたムードビデオのカップルが提供されているだけだ。

まず、コリントの信徒への手紙の聖書の一節で予告されたプロジェクトCがある。『わしたちは、今はガラス越しに、暗く見ているが、やがて顔と顔を合わせるようになる。』その後に続く再編集された言葉の間に、ゲームにおいて『史上初』の何かを約束する『新しいシネマティック』であることがわかる。『万華鏡のような・・・未来を授かった』と、目に見える説明文が残っている。

Project Dに関しては、この『サバイバルホラー』は『1983』、『ナース』、『イン』、『気をつけて』、『悪夢』という言葉を我々に与えてくれる。これだけでは物足りないというのなら、『Something bad・・・ いくつかのドア・・・家?』そのほかにも、両方のゲームには抽象的なイメージが散りばめられているが、繰り返される目のモチーフは、もしかしたらこの2つのゲームのつながりを暗示しているのだろうか?

ありがたいことに、Sam Barlow氏はそれだけで終わらせなかった。Project CとDが謎めいたSteamデビューを果たした直後、彼はKinda Funny Gamesの取材に応じ、それぞれのゲームについてもう少し詳しく明かしてくれた。Barlow氏によると、Project Cは『Immortalityの伝統を受け継ぎ、その技術の一部をベースにしながらも、クールな方向に進んでいる』。『非常にクールな前提』を持つSFホラーであり、『この種のノンリニア空間内で、我々が考え出した中で、最もチャンキーなメカニック、クールで小さなパズルボックス』を特徴としている。

一方、Project Dは『 Silent Hill: Shattered Memoriesを昔プレイしたオールドスクールファン向け』。三人称視点のサバイバルホラーゲームと説明されているが、『不死身 』チームが三人称視点のサバイバルホラーゲームと融合したらどうなるか想像してみてほしい。『Shattered Memories』は2009年にリリースされ、オリジナルの『サイレントヒル』を大きく再構築した作品である。

Sam Barlow氏はプロジェクトCとプロジェクトDについていつ詳細が聞けるか手がかりを提示していないが、Immortalityが最初に編集されたお披露目の後、きちんと公開されるまで2年近くかかった。

EurogamerのChris Tapsell氏は『自己言及と映画の壮大なミステリー』、『精巧で独創的な謎』とRecommended reviewで評している。


関連リンク



2本の存在を暗示していて、どのようになるか簡潔に答えていますね。まだまだ先になりそうで、とりあえず第一報という話みたいですね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク