ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

特注の『フォートナイト』マップを使った英国陸軍の採用促進を目的としたマーケティングキャンペーンがオフラインになった模様

;

特注の『フォートナイト』マップを使った英国陸軍の採用促進を目的としたマーケティングキャンペーンがオフラインになった模様としていて、非難が殺到していた中、これ以上続けるのは難しくなったのかという話といえそうですね。


特注の『フォートナイト』マップを使った英国陸軍の採用促進を目的としたマーケティングキャンペーンがオフラインになったようだ。

Eurogamerが発見したところによると、ソーシャルメディアへの投稿と、巧妙に制作されたイギリス陸軍の採用キャンペーンのトレーラーが削除されたとのこと。

このキャンペーンは、フォートナイトの新しい体験を中心に据えたもので、著名なインフルエンサーによって宣伝される予定だった。

先週の英国陸軍によるソーシャルメディアへの投稿は、何百万人もの若いプレーヤーが楽しんでいるゲームであるFortniteの使用が疑問視されるなど、眉をひそめるものだった。

今は削除された@ArmyJobsの公式アカウントによるソーシャルメディアへの投稿には、こう書かれていた。『@Elzthewitchと@yungfilly1は、私たちの新しいフォートナイト体験でベストになるために戦う。』とある。

このマップのトレイラーでは、フォートナイトのキャラクターたち(ゲームのメインキャラクターであるデフォルトのジョンジーを含む)がアクションに飛び込み、武器を撃ち、軍隊のブートキャンプスタイルのアサルトコースに挑む様子が映し出されていた。

英国陸軍は、今週24日(水)にTwitchを通じて、英国人YouTuberでミュージシャンのYung Filly氏とYouTuberで司会者のElz The Witch氏を招いて、このマップを披露するライブストリームを行う予定だった。

そのライブストリームがまだ行われるかどうかは不明だが、2人が自身のソーシャルメディア・チャンネルでイベントを宣伝した投稿も削除されている。

最初のキャンペーンに対する反応は様々で、そのトレイラーにはプロモーションは『Epic Gamesが後援、承認、運営するものではない』と記載されていました。

この一行は、Epic Gamesの『Fortnite Island Creator Rules』(ゲームのクリエイティブモードオプションでできること、できないことを規定した文書)で義務付けられています。

しかし、その文書にはさらに次のような記述もあります。

『商用コンテンツとスポンサーは、上記のすべてのコンテンツ規則とEpicコンテンツガイドラインに従わなければならず、軍への入隊を宣伝してはならない。』

EurogamerがEpic Gamesにコメントを求めたところ、このプロモーションは現在『調整中』であるとのことでした。

Epic Gamesの広報担当者はEurogamerに、『この島はまだFortniteに公開されておらず(つまりプレイヤーはアクセスできない)、Fortniteエコシステム内のすべてのコンテンツと同様にモデレーション中です。』

このキャンペーンを宣伝するYung Filly氏の現在削除されているツイートに対する返信には、『これを誇りに思いますか?なぜ文字通りの子供たちを募集しているのですか!』という書き込みもありました。

2022年、物議を醸した米国政府支援のシューティングゲーム『America's Army』は、リクルートツールとして使用されているとの見出しが何年も続いた後、閉鎖された。


関連リンク



結局非難に屈する事になったという話のようですね。北米でも以前に似たようなキャンペーンをやっていたようで、そちらもダメになったということで、ゲームと実践は別ものですからね。

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment