ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

開発元のポケットペアとSIEの吉田修平氏が、『パルワールド』のプレイステーション移植を前向きな発言をしている事が明らかに



開発元のポケットペアとSIEの吉田修平氏が、『パルワールド』のプレイステーション移植を前向きな発言をしている事が明らかにとしていて、快進撃は止まらないというものですが、ブームのようなものなので本当の人気があるのかどうかですね。


プレイステーションは、ポケットペアのポケモン風アクションアドベンチャーサバイバルゲーム『パルワールド』をPS5に移植することを検討している。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントのインディペンデント・デベロッパー・イニシアティブの責任者である吉田修平氏はTwitter/Xで、PS5版『パルワールド』のリリースの可能性に関する質問に答えた。

ソニー・インタラクティブエンタテインメント幹部は、発売から約8時間で100万以上のセールスを記録した『パルワールド』開発チームを祝福。また、パルワールドがPS5で発売される可能性についての質問には肯定的な回答をし、彼のツイートにはもう一人のソニー幹部、Jingwen Zhu氏の名前も添えられている。Jingwen Zhu氏はPlayStationのパートナー開発部門の責任者であり、PS5への移植の可能性について、同社とポケットペアの提携に向けて動ける人物である。

パルワールドのアーリーアクセス開始時のFAQでも、PS5版パルワールドの可能性について言及されている。ポケットペアは今のところPS5移植の計画はないが、開発中に検討すると記載されている。可能性が高いのは、アーリーアクセスを終了した時点でPS5に登場するというシナリオだろう。

以前、パルワールドがValveのPCプラットフォームであるSteamで同時接続者数120万人を突破した5番目のゲームになったことが報告された。この達成により、パルワールドはPUBG: BATTLEGROUNDS、Counter-Strike 2、Lost Ark、Dota 2、Cyberpunk 2077に続き、歴代同時接続プレイヤー数チャートで5位となった。

パルワールドは、『パル 』と呼ばれる動物のような生き物が生息するオープンワールドが舞台だ。プレイヤーはパルたちを捕獲するためにバトルを繰り広げ、基地建設や移動、戦闘などのタスクにパルたちを活用する。パルワールドはソロプレイとオンラインマルチプレイの両方に対応しており、1つのサーバーで最大32人までプレイできる。当初2021年に公開されたこのゲームは、2024年1月にWindows、Xbox One、Xbox Series X/S向けに早期アクセスを開始した。銃火器と武装したパルが登場するユーモラスなコンセプトから、『Pokémon With Guns 』というニックネームで呼ばれるようになった。また、食料生産や鉱山・工場での作業など、さまざまな役割のクリーチャーを登場させたことでも注目を集めた。


関連リンク



ソニー陣営も開発元もPSへの移植を前向きに検討しているとしていますね。この成功を足掛かりにという話になりそうで、日本産ゲームが中華ゲームのような事になるのは残念な気はしますね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment