ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

延期されていた『スターフィールド』の最初のアップデートがついに到着したものの、その内容に不満が残る結果に



延期されていた『スターフィールド』の最初のアップデートがついに到着したものの、その内容に不満が残る結果にとしていて、その内容とは?という話になってきそうで、何がダメだと指摘しているのかという話ですね。


ベセスダ・ソフトワークスの新作RPG『Starfield』は、昨年9月の発売以来、意味のあるアップデートがほとんどなく、大きなバグやクオリティ・オブ・ライフ(ゲームプレイの快適性)面での明らかな問題を数カ月にわたって放置してきた。そして今週、そうした状況を打開するはずのベータ版パッチが公開されたが、その内容はさらなる混乱を生むものだった。

事前発表では、パッチの内容はバグ修正とビジュアル改善だと説明されていた。しかし、このたびリリースされたパッチノートの冒頭には、「クオリティ・オブ・ライフの改善」も含まれると書かれていた。

私はこれを見て喜んだが、実際の修正点のリストを読むと一転、意気消沈した。修正点の大部分は、クエストが行き詰まってしまったりする不具合の修正だった。その他の小さな修正としては、キャラクターの顔などのライティングと反射表現の改善などがある。

だが、クオリティ・オブ・ライフの改善と呼べるようなものは、一切なかった。同作には、そうした必要な改善点が山ほどある。例えば、武器や難易度のバランス調整、所持品管理の改善、宇宙船の装飾品が貨物室に強制的に移動される問題の解消、酸素消費量や所持重量の上限つり上げ、宇宙船の建造中にセーブできる機能の追加、スキルなどの割り振り変更、どんなにささいな犯罪であってもコンパニオンが激怒してしまう仕様の変更など、挙げればきりがない。

こうした修正に近いと言えるものですら、パッチには含まれていない。唯一、クオリティ・オブ・ライフの改善と言えなくもないのは、ワイドスクリーンディスプレイへの対応が改善されたことくらいだろう。しかし、それも単に技術的な要素だ。残りはバグ修正とグラフィックの改善であり、これはクオリティ・オブ・ライフの改善とは言えない。クオリティ・オブ・ライフを文字通り「生活の質」として捉えて、「クエストのバグが修正されたので、ゲーム内の生活の質が向上した」と主張するのなら話は別だが。

最大級のバグはいまだ未修正
そのうえ、発売以来プレイヤーが経験してきた最大級のバグの数々は修正されていない。X(旧ツイッター)の公式アカウントで投稿されたパッチの告知には、プレイヤーが宇宙船「ECSコンスタント」の位置が分からないバグの修正を求めるコメントが数十件ついた。次の例はそこまで重大ではないが、筆者は170時間にわたるゲームプレイの間、ずっとステータス画面に「気象警告」が表示されるバグに見舞われた。そして技術面に関して言えば、FSR3への対応はいまだになされていない。

はっきり言って、ベセスダは『Starfield』のアップデートのペースが非常にのろく、バグやライティングの変更を「クオリティ・オブ・ライフの改善」と呼んで誤魔化そうとすらしている。今年には一連の大規模なアップデートを行う予定であり、6週間ごとのパッチ公開を約束しているが、この調子では、今後のアップデートが実際に役に立つものだったり、エキサイティングなものだったりすることは期待できないだろう。

私はベータ版パッチを当てた状態でゲームをプレイしてみたが、クエストが行き詰まるバグにはもともと遭遇していなかったので、その点では変化はなかった。キャラクターの顔のグラフィックは若干改善したかもしれないが、言われなければ気づかなかったであろう程度だ。これはなんとも奇妙な状況であり、次回のパッチは実際に意味のあるものとなることを期待している。


関連リンク



待望のアップデートとなった訳ですが、肝心の部分やクオリティオブライフが改善されていないようですね。この辺は間に合わなかったのか当初から予定がなかったのかですね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment