ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

先月の Insomniac Games による大規模なデータ流出事件によって、『Marvel's Spider-Man 2』 でカットされているコンテンツの数々が判明へ



先月の Insomniac Games による大規模なデータ流出事件によって、『Marvel's Spider-Man 2』 でカットされているコンテンツの数々が判明へとしていて、これらは、後のゲームに登場する予定になっているとして、日の目を見る事になりそうですね。


先月の Insomniac Games による大規模なデータ流出事件では、盗まれた数百万ものファイルがネット上に流出した。その多くには、今後数年にわたる同デベロッパーの将来的なゲームプランの詳細が含まれていたが、最新の『Marvel's Spider-Man 2』 を含む、過去にリリースされたいくつかの作品についても、これまで知られていなかった詳細が明らかになった。

このたび、さらに多くの情報が公開され、当初はボスとしてゲームに登場する予定であったものの、体験版ではカットされたヴィラン数体が明らかになった。スクリーンショット、レンダリング、コンセプトアートなどがリークされ、複数のシンビオート・ヴィランが当初ゲームに登場する予定だったことが明らかになった。

また、別の流出ファイルによれば、ヴェノムは当初、(最終幕ではなく)第2幕でゲームのストーリーに登場することになっており、分離不安を中心としたアークで登場するはずだった。さらに、ライフ・ファウンデーションにも役割があったことを示唆する証拠があるらしい。

最終的に、これらのアイデアはどれも最終的なゲームには採用されなかったが、Insomniac Gamesが2025年にマーベルの『ヴェノム』をリリースすることもリークで明らかになっており、カットされたコンテンツのいくつかは遅かれ早かれ日の目を見ることになるのだろうかと思わざるを得ない。

11月、『スパイダーマン2』でヴェノムの声を担当した俳優トニー・トッド氏は、彼が録音した台詞のうち、最終的なゲームに使用されたのは10%に過ぎないと述べた。


関連リンク



スパイダーマン2でカットコンテンツが色々あったとしていて、それはその後のゲームに登場するものが多いだろうと指摘していまね。資産を無駄にせずに済むようで何よりですね。

 [ゲーム]ソニー関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment