ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

XBOXに本体を起動最中に表示される広告の量にゲーマーからうんざりだという声が上がる、その概要とは?


XBOXに本体を起動最中に表示される広告の量にゲーマーからうんざりだという声が上がる、その概要とは?としていて、XBOXはハブ的な存在になりつつある今、その中で起こっている出来事として取り上げられるケースにまで至った話ですね。


Xboxユーザーは、ゲーム機に表示される絶え間ない広告にかなり腹を立てている。Xboxは世界最大級のゲームプラットフォームだ。プレイステーションの直接のライバルであるだけでなく、1台のマシンの枠を超えて広がっている。Xboxはハードウェアの枠を超えたプラットフォームとなり、ゲーム機を持っていない人たちにも広がっている。Xboxのゲームは、PC、スマートフォン、テレビなどでプレイできる。マイクロソフトは、特にXbox Game Passのようなもので、その存在を可能な限り身近なものにしようとしてきた。しかし、まだゲーム機でプレイしているユーザーにとっては、いくつかの欠点もある。

Xboxユーザーは、最近のプラットフォームに大量の広告があることに気づいている。XboxはXbox 360の初期からダッシュボードに広告を掲載してきた。もちろんゲームの広告もあるが、映画やテレビ番組、さらにはエンターテインメント以外の商品の広告もある。通常、それはかなり小さく、邪魔にならないように保たれ、画面のほんの一部を占めるだけで、一般的には無害だ。しかし、時には見逃すことができないため、ファンは本当にイライラしている。Xboxは、『コール オブ デューティ』のような真新しいゲームや、イベントなどのプロモーションのために、ゲーム機の電源を入れると、ユーザーの画面に全画面広告を表示することがある。何も見なくても閉じることができ、通常は何度も表示されることはないが、その侵略的な性質が一部のユーザーを怒らせている。

最新の例は、『インディ・ジョーンズ』のようなゲームを紹介した今週の『Xbox Developer Direct』の頃に起こった。ファンがコンソールの電源を入れると、ショーケースを見るための巨大でまぶしい広告が表示されたのだ。コンソールに何百ドルも払い、Xbox Game Passのようなサブスクリプションにお金を払っていることを考えると、これは迷惑だと指摘する人もいた。

今のところ、これをオプトアウトする方法は知られていない。これが人々を悩ませ続けていることを考えると、Xboxはこれをやめるか、少なくともオフにする設定を追加するかもしれない。特に、ソーシャルメディアに接続しておらず、このようなイベントを見逃す人もいるため、広告を気にしないと指摘するプレイヤーもいる。また、リリース日を把握していない人にとっては、大きな新作ゲームがリリースされるときの親切なリマインダーにもなる。いずれにせよ、かなり賛否両論だ。


関連リンク



ゲーム内広告もやりすぎると反感を買うのはどの媒体でも目に見えているので、その辺はどうにかして欲しいと思うゲーマーもいるのは当然ですね。youtube見たく無料で見れているものとは違いますしね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment