ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

パクりっぷりが話題になっている『パルワールド』について、熱心なポケモンファンが苛立ちを隠せなくなっている事、著作権を如何に掻い潜っているかも指摘



パクりっぷりが話題になっている『パルワールド』について、熱心なポケモンファンが苛立ちを隠せなくなっている事、著作権を如何に掻い潜っているかも指摘へとしていて、ポケモンカンパニーと任天堂はどう思っているのかですね。


多人数参加型のモンスター収集ゲーム『Palworld』が驚異的な販売数を記録し続け、同時プレイヤーの記録を更新する中、一部の熱狂的なポケモンファンが『Palworld』がポケモンにどれだけ似ていると思うかをソーシャルメディアに投稿している。

昨日1月19日にアーリーアクセスタイトルとしてリリースされ、すでに200万本以上のセールスを記録している 『銃を持ったポケモン 』サバイバルゲーム『PALWORLD』だが、ポケモンとの類似点が偶然にしては大きすぎるというクレームに直面している。

『Palworldを応援しないように注意喚起する』と、ある不満げなユーザーがX/Twitterに書き込んだ。『そのパクリについて微妙にさえない。他にどれだけ盗んでいるんだ?』

『パルワールドのデザイン分析のスレッドを立てて、彼らがごちゃ混ぜにした全てのポケモンを見つけようと思っている。』と別の人が付け加え、パルワールドのキャラクターがポケモンに出てくるキャラクターとどれだけ似ているかを示す驚くべき画像の数々を共有した。

『ポケモンはたくさんいるから、少なくとも1つは偶然コピーしないとモンスターをデザインできない』という主張はもっともかもしれないが、この場合、彼らがやっていることは信じられないほど露骨だ』とアーティストのLuxxArt氏は付け加えた。彼らが何のポケモンをパクったのかはっきりわからない『仲間』を、私はまだ1匹も見たことがない。

『パルがポケモンであるかのように誰かをだまそうとしているとは思わない。それも怠慢だ。成功したIPから盗むことができるのに、なぜゲームのためにオリジナルのデザインを考え出すのでしょうか?』

ポケットペアCEOの溝部拓郎氏のツイートには、著作権で保護された画像をAIに『渡して』改変し、著作権紛争を『解決』する方法まで詳しく書かれている。別のツイートでは、溝部氏が実際にオリジナルのポケモンの画像を使って、AIがどのように同等のキャラクターを生成できるかを示している。

開発元のポケットペアとザ・ポケモン・カンパニーは、この類似疑惑について公式にコメントしていない。

パルワールドはSteamの『最もプレイされたゲーム』チャートで、Steamだけで855,706人の同時プレイヤーを獲得して10位につけており(今朝は11位だった)、これはApex Legends、Viral Hit Among Us、Valheimといった大ヒット作を上回る数字だ。

本日未明、チームはソーシャルメディアで、パルワールドの同時接続者数が70万人を超えたため、Epic Gamesと『緊急ミーティング』を開き、『Epic Gamesのバックエンドにアップデートを追加する』必要があったと説明しました。


関連リンク



出来もまた悪くないだけに、余計ポケモンファンをイラつかせる一因になっていますね。パクリっぷりも清々しいほどで、露骨過ぎる位ですしね。

 [ゲーム]マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment