ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

新たな開発者インタビューの中で、Kuro Gamesは『Wuthering Waves』クローズド・ベータ第1弾の内容についてファンに謝罪、その概要とは?



新たな開発者インタビューの中で、Kuro Gamesは『Wuthering Waves』クローズド・ベータ第1弾の内容についてファンに謝罪、その概要とは?としていて、驚く行動をとったらしく、その意味合いをチェックしたいですね。


新たな開発者インタビューの中で、Kuro Gamesは『Wuthering Waves』クローズド・ベータ第1弾の内容についてファンに謝罪した。

しかし、オーバーホールの計画も明らかにした。

Kuro Gamesは『前回のクローズドベータテストでネガティブな体験をしていただいたことを心よりお詫び申し上げます』と述べている。

さらに、Kuro Gamesは『ストーリーの90%を完全に書き直した』と発表した。当然、この決定は脚本、パフォーマンス、そして『すべてのシネマティクス』に影響を与えた。

また、昨日のクローズド・ベータ2のトレーラーで予告されていた、ビジュアルの大幅な改善についても説明された。

まったく新しい環境、スマートな大気システム、キャラクターモデルのアップグレードなどがある。

『Wuthering Waves』はオープンワールドアクションRPGで、現在第2回クローズドベータを募集中。

次回のクローズドベータは、PCとAndroidまたはiOSのモバイル端末でプレイ可能。

また、英語を含む複数の言語に対応する。

新しいクローズドベータでは『1人以上の新キャラクター』が登場する予定だ。

Wuthering Wavesは、オリジナルのクローズドベータに先駆けて多くの話題を集めた。

Kuro Gamesは、柔軟な戦闘システムと興味深い伝承を特徴とする、様々な有望なティーザーを公開した。

しかし、結局のところ、前回のテストでフィーチャーされたシナリオやビジュアルに対するファンの反発は大きかった。

既存のストーリーの大部分を完全にやり直すというのは、信じられないほど大胆な行動だ。

新しい環境はまた、より多くの色彩と個性を加えている。

こうした特徴は、没入感を目指すオープンワールドゲームでは特に重要だ。

Kuro Gamesがファンの声に耳を傾けているのは明らかだ。彼らは『Wuthering Waves』に予想外の大幅な変更を加え、ファンからのフィードバックを受けて謝罪まで発表した。

しかし、もし次回のクローズドベータが初回よりも良い結果を残せなければ、『Wuthering Waves』は懐疑的なファンを獲得するために大きな苦しい戦いを強いられることになるだろう。


関連リンク






90%もシナリオを書き換えたというのは大胆ですよね。それだけに、オーバーホールという意味合いが強く、そしてリスタートになるかどうか?

 [ゲーム]ゲーム情報記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment