ゲーム情報&ブログ2.0

家庭用コンシューマーゲーム情報ブログ。任天堂、ソニー、マイクロソフト満遍なく取り扱っています。

スポンサードリンク

プレイステーションとXBOXで共に展開を進めているサブスプリクションサービスにおいて、すでに頭打ちであり、陰りが見え始めたのではないかと示唆



プレイステーションとXBOXで共に展開を進めているサブスプリクションサービスにおいて、すでに頭打ちであり、陰りが見え始めたのではないかと示唆へとしていて、その辺はどのような見解をして、そのような分析に至ったのかという話ですね。


ゲームのサブスクリプションサービス利用者は、新型コロナウイルスの流行中に爆発的に増加した。だが、マイクロソフトが2022年1月を最後に同社のサブスクサービス「Game Pass」の会員数を2年間にわたり公表していないことからも推測できるように、それ以降の成長はかなり鈍っている。

米調査会社サカーナ(旧NPD)のゲーム業界アナリスト、マット・ピスカテラは18日、X(旧ツイッター)への投稿で、ゲームサブスクの成長が横ばいになっていると説明。家庭用ゲーム機とPCのサブスクへの支出は、全ゲーム支出のわずか10%に過ぎないと指摘した。このことからは、ディスクや売り切り型のダウンロードといった販売形態が消滅し、ゲーム業界がネットフリックスのようなサブスクのエコシステムに移行するという見方は実現しないことが示されている。

これは、特にマイクロソフトとソニーにとって、さまざまな意味で重要だ。

マイクロソフトは、Xboxの「エコシステム」を構築するという構想に巨額を投資している。その柱となるのが、XboxやPCで利用できる「Game Pass」や、あらゆるデバイスでゲームを遊べるクラウドストリーミングの普及だ。しかし、そうしたサービスの現在の成長ペースは、マイクロソフトが会員数などを公表することに抵抗があるほど鈍化しているもようだ。大作のAAA(トリプルエー)ゲームを「Game Pass」に直接投入するためのコストがどんどん上昇する一方で、それを正当化できるような成長がない場合、どうなるのだろうか。幸い、時価総額3兆ドル(約440兆円)弱の巨大企業であるマイクロソフトは、たとえそうなっても気にしないかもしれない。しかし「Game Pass」が黒字だという主張をいつまで押し通せるのかはわからない。

一方のソニーは、PlayStationに同等のサブスクサービスがないことに苦戦している。ソニーのサービス「PS Plus」は発売から時間が経ったゲームしかプレイできない。新作はまずPSのみでリリースされ、運が良ければPCでかなり後にリリースされるため、リーチが限られてしまうのだ。つまり、ソニーは新作ゲーム発売時には大きな売り上げを得られるものの、Xboxのような「エコシステム」がない。しかし今となっては、それを追求するために必要な費用をかける価値はなく、大作ゲームを発売初日にサブスクで配信する「Game Pass」のようなモデルは損失が大きすぎるという当初の考えを貫いた方がよいかもしれない。

サブスクモデルから影響を受けないサービスについても考えるべきだろう。PCゲームオンラインストアのSteam(スチーム)は、これまで以上に多くのユーザーを抱えており、人々がゲームをプレイする主な場となるハブとしての地位を維持している。『Starfield』はPC向けの「Game Pass」でもリリースされたが、それでもSteamで多くの人が購入した。また、任天堂のオンラインサービス「Nintendo Switch Online」は、新作ゲームを発売初日で配信するモデルといは程遠いが、それでも多くの点で競合を圧倒して市場をリードしている。

サブスクリプション普及の伸び悩みは、マイクロソフトとそのゲームパスの野心に最も影響するだろうが、他にもエレクトロニック・アーツ(EA)やUbisoft(ユービーアイソフト)もサブスクリプションサービスをある程度追求している。一方、テイクツーが傘下ロックスターの開発する『Grand Theft Auto VI』(GTA6)でサブスクモデルを採用することは決してないだろう。GTA6は通常形態で販売すれば数十億ドル(数千億円)を売り上げることは確実であり、その利益を手放す意味はない。

サブスクが伸び悩んでいることは、個人的には驚きではない。PSやXboxの所有者で「PS Plus」や「Game Pass」を利用したい人は、すでにそうしていることだろう。今や伸びしろが多く残されているとは思えない。この状況が続いた場合、ゲーム業界全体の戦略にどのような影響を与えるのかに注目したい。


関連リンク



サブスクを全開にしているXBOXとそこまで全開ではないPSでの現状を指摘していて、売り上げに結びついていない可能性を指摘していますね。任天堂はスイッチオンラインで旧ハードのタイトルのみの展開ですしね。

 [ゲーム]ソニー&マイクロソフト関連記事

スポンサードリンク

0 Comments

Leave a comment